2016年12月31日

柔らかく伸びたい


ヨガを始めて年明けで1年になります。
週に1度、90分の教室に通っています。
普段絶対つかわないって箇所をじわ〜と伸ばしたり、緩めたり。
最初はきつかったけど、だんだん気持ちよくなってきて、
ちょっとした楽しみ&リフレッシュになっています。

初めたきっかけは、“体が柔らかい方が良い漫画が描けるのでは?”
と思ったことです。
年齢が上がってくると、人間もアクが強くなると言うか、えぐみが増すというか、
野菜のトウがたつみたいに身体や思考も凝り固まる気がして、それを避けたかった。
(良く言えば、その人が極まる、とも言えるのですが)
できれば、しなやかで柔軟でありたい。その方がきっと楽しい。

…といっても、相変わらず身体は硬いのですが、
肩こりや腰痛が和らいだと実感しています。
5年ぶりに受けた健康診断はオールAでしたし、
長丁場のスタンディングライブにも耐えうる腰になりました。
体力全般が底上げされた感じですいい気分(温泉)

そして、なにより、あちこちを伸ばしていると、
手足や身長、ひいては自身の能力もまだまだ伸びるのでは……?!と
伸びしろ(可能性)を感じられるのです。
非常にいい事だと思います。


12_2.jpg

久しぶりに漫画家ぽい絵を描いてみました。
頭がどうにも廻らなくて、手でも動かしてみた……一発殴り書き。
伏し目がちで、地まつげの長い女の子は可愛いな〜。

課題は色々あるけれど、来年も淡々と目の前の事をこなしていこうと思います。



〜お知らせ〜
「夜明けの図書館」第18話が発売中の『JOURすてきな主婦たち』に掲載されています。
 “葵ひなこが、高校生のビジネスプランコンテストに協力する爽やかなお話”です。
 (↑公式サイトより)
posted by 埜納タオ at 00:05| お知らせ

2016年12月14日

『住んで幸せな街』

学校図書館問題研究会発行の「学図研ニュース」No.370
“特集:学校図書館とマンガ”に寄稿させていただきました。
いつもお世話になっている司書Yさんによる、漫画制作に関わっての
打ち明け話、も掲載されています。(Yさんの文章が沁みる…)

学図研ニュース編集部・島根支部のみなさんが、
お菓子やお茶、資料、山陰新聞の複写など送ってくださいました。
松江の紅茶、おいしいんですよね。
画像は、しょうが湯です。柚子を入れてみました。

12_01.jpg


***


漫画づくりに行き詰まって、どんよりしていたところに、
東京在住の友人が帰省にあわせて、遊びにきてくれました。
彼女が作ったタペストリーやカバンなどを見せてもらって、ほっこり。
クオリティ高し。

12_02.jpg


ゆうべ寝る前に読んでた『本当に住んで幸せな街 全国「官能都市」ランキング』によると
彼女が住んでる文京区は総合順位1位でした。
(“歩いて楽しいまちというのは、地上150センチから時速4キロで眺める風景が大切”なんだそうです。)
それでも「将来は関西へ帰りたい、なんだったらオリンピックまでにも」とのこと。
人間にも帰巣本能があるのでしょうか。
住まいと暮らし、人とまち。
いくつになっても関心が高いテーマです。


どこ住みたい?と訊かれると、瀬戸内の穏やかな海が浮かびます。
岡山の市街地、神戸の新開地、四国だと高松や松山もいいな。きっと静岡も好き。
もう少し年を重ねたら、山陰の魅力にもはまりそうです。
posted by 埜納タオ at 18:49| 日記

2016年11月27日

映画と小説と

先日、映画『この世界の片隅に』を観てきました。
劇場でアニメを観るのは、小6の時『幻魔大戦』と『クラッシャージョウ』(二本立て)以来です。

原作の世界観は大切に扱われたまま、映像ならではの美しさも加わり、
どこを切り抜いても素晴らしい作品でした。
導入部、コトリンゴさんの音楽で一気に作品に引き込まれて
エンドロールで、こっちの世界にそっと戻される感じ。

こうの史代さんが描かれるキャラクターは、かわいらしいだけでなく、
恐ろしいほど艶っぽい〜、なんだろ、あの色気。
“人間”を描いていらっしゃる。


suzu.jpeg


クラウドファンディングのメンバーになっていたもので、公開までの間、
すずさんから季節の挨拶(葉書)が届いたり、ファン垂涎の特典が満載でした。


***


今日は、一日中しとしと雨降りで、何もやる気がでず、
こたつにもぐって『彼女に関する十二章』著:中島京子を一気読み。
いい映画を観た後のような読後感。あー、おもしろかった!

50歳夫婦の会話が、なんとも東(京)ぽいな〜、と感じる。小気味よい上品さ。
夫婦であれ、パーソナルスペースがやや広く、西のソレとは幾分違う、とか思ってしまう。
ミドルエイジ女性におすすめです。

posted by 埜納タオ at 21:41| 本 音楽 映画

2016年11月07日

竜宮城より戻りました

浦添市立図書館読書講演会を終え、沖縄から帰ってきました。
会場にお越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。
300人のホールが結構埋まっていて、緞帳があがった瞬間、さすがに緊張してしまいました。


準備段階から最後まで、事務局の方に細やかな配慮をいただいたおかげで
とても楽しく、気持ち良い時間を過ごす事ができました。
というか、一生分、人に優しくされた気がする…!この先大丈夫かな、私。


浦添市立図書館は、溌剌と笑顔の素敵な女性館長さんをはじめ、
スタッフみなさんの雰囲気が本当に素晴らしく、蔵書の濃さも凄まじく、移動図書館まであり、
”てだこ”のまち・浦添市の未来は明るい!!と強く感じました。
『沖縄学研究室』なるものまであり、YAコーナーはもちろん、多文化コーナーも充実しています。
館内は、映画のロケやPVなどにもよく使われるんだそうです。


2016 うらそえYA文芸賞受賞作品も力作揃いで、刺激を受けました。
受賞を逃した人も、自分の頭で考え、自分の言葉で綴り、
ひとつの作品にまとめあげた力に敬礼、です。


urasoe.jpg


講演会では「てだこ」や「沖縄の文化」について調べた事を中心に、
そして僭越ながら「YAコーナーの活用法」について、私なりの言葉でお話させていただきました。


講演会でも触れたのですが、沖縄は”県産本”が非常に多く、全国的にも珍しいんだそうです!
「ジュンク堂に”沖縄本”コーナーがありますよ〜!」と館長さんに教えてもらい、
行ってみました。
パンチの効いた言葉を求めて”沖縄文学”の棚にあった3冊を購入。(画像右下)


心残りが少しあって、
講演中、手話同時通訳の方をつけてくださったのですが、その方にお礼を言いそびれた事です。
私の煮え切らない言葉…、訳すの大変だったと思います。すみませんでした。
それと、審査員の又吉栄喜さんにご挨拶できなかった………無念。


***


kouyousyou.jpg


翌日は、糸満市内の光洋小学校にて、マンガ教室を行いました。
「補助線をひいて、キャラクターをバランスよく描いてみよう〜」など。
わいわいと子どもたちと触れ合いタイム♪
カルガモのお母さん気分を味わえました。


kouyousyou2.jpg


詳細はこちらにアップされているようです。
糸満市 とれたて糸レポ
「みんなでお絵かき楽しい♪」放課後子ども教室




***


onnason.jpg


こちらは、「絶対行った方がいい!」と強いおススメをうけて向かった
恩名村文化情報センターです。
職員の方に案内していただきながら、面展の工夫、企画イベント、レファレンス事例など
熱く語っていただきました〜〜感激することばかり。
青いのは、“おはなしの部屋”の天井です。
(先月、池澤夏樹さんがこちらで講演会されたそう。すごいなぁ!!!)



OIST.jpg


そのあと、ランチと見学を兼ねて、OIST(沖縄科学技術大学院大学)へー。
5年一貫性の博士課程を提供している大学院大学で、1年で約20名しか入学できないとか…
しかも、その半分が外国人だそう。
研究ユニットについて、日本語で説明してありましたが、全く理解できませんでした!
“世界最高水準”にふさわしく、建物、施設、デザイン、すべてが最上級。
カフェテリアのごはんも、うまかったです。


***


今回、ホテルに2泊して、もう2泊友人T宅で世話になりました。
友人Tは、中高時代の古〜い友達で、とくに中2の時、競い合うように勉強した仲です。
(卓球部ではダブルスを組んだ仲でもあり…。
 卓球部だったけど、私らオリーブ少女でもあったよね?)


高校で、私は勉学をドロップアウトしてしまうのだけど、彼女は見事な学業を納め、
現在は子育てをしながら、自宅で英会話教室を開いています。
25歳の時、一緒に八重山諸島を旅しました。


15年前より沖縄県民になり、先日行われた“世界のウチナーンチュ大会”の際、
来沖されたクリスチャンの方に向け、英語で礼拝のスピーチをしたとかぴかぴか(新しい)多方面で大活躍です。
昔から人気者だったけど、沖縄気質も加わって、さらに磨きかかってた!!
なんて私のキャラの薄いこと。


講演会にも来てくれて、10年ぶりの再会だったけど、瞬時に中2に戻れました。
連日、スペシャルなおもてなしを本当にありがとう!
彼女の家族と密な時間を過ごす事ができて、英気を養えました。感謝!

dinner.jpg

t.jpg


『I’m proud of you』

彼女が教えてくれた言葉です。
”アメリカじゃ、親が子どもにむかって言ったりするんよ”って。
へぇ〜〜〜〜。
そんな風に言われて育ったら、嬉しいだろうな。


“英語しゃべってたら、前向きになれるんよ!
あんまり、ネガティブな事いわんけ〜”って。
そっかぁ!


text.jpg

「これで勉強する?」と手土産に渡されたテキスト。
6〜7歳向け…結構難しいです。


滞在中は、母国語である広島弁と関西弁と沖縄言葉と英語(私はでたらめ)がチャンプルーされ
笑いが絶えませんでした。
“OISTへいってみよ〜!”と誘ってくれたのも彼女です。


yuzu.jpg


彼女の愛娘、Yとおしゃれタイム。
子どもの髪、結ったり編んだりするの好きなんだよなぁ。
幸せな時間。

yuzu3.jpg

yuzu02.jpg


そうそう。
友人Tに「亀持って帰らん?なぁ、ほんまに亀、要(い)らん?」て
何度も亀を押し付けられそうになりました。
もらい物で仕方なく育てていたら、かなり大きくなってしまったそうです。
「要らん!」って断って帰ったけど、助けるべきだったのか…。
やや、ぞんざいに扱われていた亀吉(かめきち)の行く末が気になるところです。


kamekichi.jpg

盛り沢山すぎて、文章が散らかりましたが、
4泊5日の琉球時間、竜宮城のように楽しかったです。
もう少し酔いしれていたいけど、現実に戻り、明日から通常営業です。
近いうちに、また行きたいものです!

posted by 埜納タオ at 17:27| お知らせ

2016年10月23日

原稿中はいつも

先日、鳥取で大きな地震がありました。
まだ余震が続いているようで、早くおさまると良いのですがー。
長い揺れに私もドキドキしました。

今月は原稿の他にデザインの依頼などが重なり、籠って作業しています。
とりあえず原稿を早くあげて、沖縄行きに備えたいものです。
原稿中はいつも
「焦る→失敗する→落ち込む」といった負のスパイラルに陥りやすいです。
頑張れば頑張るほど、変な画になって、努力が報われないという。
「ロボコン、れーてん」という声が天から聞こえるようです、嗚呼!



長期滞在されていたアメリカ人ご夫妻が帰国されるにあたり、
似顔絵をポストカードに仕立てました。
気負わないと、一発で伸びやかな絵がかける気がします。
漫画の原稿とは対照的です。

illust.jpg
posted by 埜納タオ at 13:53| 日記

2016年10月08日

担当さんによる講演会のお知らせ


11月1日(火)千葉市図書館情報ネットワーク協議会主催の
イベントで、『夜明けの図書館』担当編集者 M氏による
講演会が行われる………そうです。笑。あ、笑っちゃいけないけど
キーボード打つ手がふるえてしまう。
「編集者は裏方なので」と表舞台は極力避けていらっしゃるので
またとない機会だと思います。

思い返せば、担当さんには、あちこち取材へ行ってもらったり、
各話のサブタイトルを毎回考えてもらったり…。
『夜明けの図書館』の一番の理解者であり、信頼しているパートナーです。

13話にでてくる英詩(恋愛絡み)の創作には随分手を焼いて、
「詩なんて書けないから考えて下さい!」と、最後らへん強要した記憶が…。
「ジュエリーの宣伝みたいかしら?きゃー」とひどく恥ずかしがられていました。
あの時は、英訳も丸ごとお任せしました。

事前に講演会の資料をみせてもらったのですが、とても充実した内容です。
図書館関係者だけでなく『マンガ編集』という職種に興味がある学生さんが聴講されても
非常に面白いのでは、と個人的には思います。

yoake.jpg

『夜明けの図書館』の編集現場から
〜実際のレファレンス・サービスを取材し、作品化のバックアップをする中で〜
日時:平成28年11月1日(火) 開場/午後1時30分〜 開演/午後2時〜
場所:千葉市生涯学習センター3階 大研究室(千葉市中央図書館内)
posted by 埜納タオ at 00:15| お知らせ

2016年10月07日

サイン色紙につきまして


「夜明けの図書館」4巻・帯のサイン色紙プレゼントに
身に余る多数の応募をいただき、ありがとうございました。
10代から60代の方まで……。
しかも男性(男子)からの応募も多く、読者層の幅については
担当さんも「すごい!」と仰ってました。

メッセージが添えられていた葉書は、すべて読ませていただきました。

うまく言葉にできませんが、じゅわ……と
おへその奥の方まで熱いものが届きました。
確かに受け取りました。
今後の漫画づくりに、生かしていきたいと思います。

当選された5名の方には、まもなく出版社から届くと思います。
書き慣れていないもので、下手ですけど、ご了承ください。





昨日は、長年の盟友・小山田容子画伯と梅田でデートしてきました。
誕生日が一日違いという事もあり、お互いの祝いも兼ねて。
ロジェ・ガレで、大人な買物を楽しんだりしましたが、
結局は、tools(画材屋)での買物が一番落ち着くという……。
漫画家の性でしょうか。


green.jpg

たくさんの実をつけている樹を見つけました。
洋梨、かな?
狭いスペースに植栽されていたのに、とても逞しいです。
コンクリートジャングルの中で、食べごろを迎えることができるのか…
ちょっと気になりました。観賞用?
隣にベリー系の樹があり、一羽の鳩(細身)が実を突っついていました。
ノラ鳩……はぐれ鳩?

どんな環境下でも生きるぞー、という動植物の姿勢。
見習っていきたいものです。
posted by 埜納タオ at 17:26| お知らせ

2016年09月22日

講演会のお知らせ


11月3日(木・祝日)に、沖縄県浦添市てだこホールにて
浦添市立図書館 読書講演会”が開催されます。
その中で、『本で調べる・図書館の活用法 〜レファレンスの魅力〜』
というテーマで、講演をさせていただく事になりました。


urasoe01.jpg


講演の主旨は
“心身とともに成長する大切な時期であるYA(ヤングアダルト)世代に向けて、
本や読書への興味に結びつける内容”
となっています。


近隣にお住まいで、興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひお越し下さい。
浦添近辺の市町村は、琉球大学などの学生さんが多く、学びの意識が高い環境だそうです。
学生時代からは、ずいぶん歳月が経ってしまいましたが、こういった形で
若い方(しかもウチナンチュ〜)と交流できるのは、嬉しい限りです。


浦添市立図書館では、特設コーナーを設けてくださっていますexclamation
ポップで明るい館内の画像が届きました。
星がいっぱい飛んでいます☆
「夜明け」をイメージして作ってくださったそうです。
似顔絵の色は、切り絵で貼り付けされたとかー。
私が120%可愛くなっておりますぞいい気分(温泉)


urasoe.jpg


おススメ本は、繰り返し手にするお気に入りを選びました。
ここに写ってるのは、町田康、津村記久子、金城一紀、北山修さんの本など…。





以下、 “YA”(若者)つながりで


YA.jpg


私が住んでいる地域の兵庫県「小野市立図書館」には、市内の中高生からなる
図書館文芸部”なるものがあり、YAコーナーをすべて彼らが担っています。
(小野市では「YY(ワイワイ)コーナー」と言います。)
活動日は月1で、私も参加しています。
学生ならではの柔軟でユニークな企画で、貸出冊数も伸びているそう!
講演会の中でも紹介できればと思います。


それと
先々週、遊びに来てくれたCちゃん(from米国・メリーランド)。
日本のアニメとマンガが大好きで、来年から東京へ留学するそうです。
流暢な日本語で、仕草も大和撫子のよう。
筋金入りのコスプレイヤーで、生地からすべてを仕立てていて、凄いです。
このあと、幕張メッセでのイベントへ行かれました。


若者から、ほど良い刺激をもらっています。







今年2月に国立国会図書館関西館で行われた
第12回レファレンス協同データベース事業フォーラム
 レファ協の10年:これまでとこれから

のフォーラム記録集が公開されました。
私が、1時間喋った内容が文字おこし(?)されています。
たいへんな作業だったのでは、と想像します。

フォーラムの最後に、夜明けの図書館の「暁月市立図書館」を
レファ協の「名誉図書館」に…というくだりがあるのですが、
記録集を読んだ担当さんが、笑って喜ばれていました。


リンク貼っておきます。
第12回レファレンス協同データベース事業 フォーラム記録集』(PDF 3.2MB)
配布資料』(PDF 3.3MB)

posted by 埜納タオ at 00:14| 図書館

2016年09月17日

蛙を連れて


車に乗ろうとしたら、蛙くんが。
困ったな…しかも際どいところに。
微動だにしません。

ソロリとドアをあけ、内側からドアを締めてもダメ。
半ドアになったので、やや強めにバン!と締め直してもダメ。
仕方なく、そのまま運転しました。

時速20キロで、200M走ったとこらへんで、一旦車を停めたら
飛び降りてくれました。危険を感じたのか。
蛙にとって、時速20キロで移動する世界は、どのようなものだったでしょう。

kero.jpg

子どもの頃から、蛙が苦手で「ぎゃ〜!」とよく叫んでいましたが、
今は可愛く見えます。
ドキッとはするけどね。


よく見るとデップリしてます。食には不自由してなさそうです。
posted by 埜納タオ at 22:08| 日記

2016年09月06日

そろそろアレを


随分前に、父から送られてきた大量の絵の一部をアップしてみます。
おばあさんシリーズ第二弾です。
以前にも載せたことがあるのですが、今回はキャプションまで付いていて、
思わず吹き出してしまった。
父の人格が疑われそうで、ここには載せられませんが…観察眼は相変わらず鋭い。


chichijpg



8月に78歳を迎えた父。
お祝いを兼ねて、姉家族が父をマツダスタジアムに招待したそうです。
阪神×広島戦のバックネット裏が取れたから〜と。
父用に、張り切って応援ユニフォームまで準備したという姉。

私「お父ちゃんは、そういうの絶対着んじゃろ。」
姉「やっぱり…?」

というやりとりをしていたのですが、
当日、ウハウハな画像が送られてきてびっくり。
赤い…浮かれてる…
しかも、父さんてタイガースファンだったんじゃぁ… 


初めて訪れたスタジアムの熱気に感化され、ずいぶん興奮してたそうです。
試合はカープが大勝したそうですが、点が追加されるたび、選手じゃなくて
しゅんとするビジター席(阪神ファン)を双眼鏡で覗いてたとか。

私はプロ野球に疎いので、全然気にしてなかったんだけど
カープすごい事になってるんですね。
オバマさんが来広された年に「優勝(?)」って……exclamation×2
広島の街は、とんでもない乱痴気騒ぎになりそうです。

carp_.jpg
posted by 埜納タオ at 18:20| お父ちゃん