2020年08月17日

残暑お見舞い申し上げます

毎日、うだるような暑さですね。

掲載はしばらく先ですが、
黙々とペン入れ作業をしています。
動画をとってみました。


作業に疲れたら、ピアノを弾いて…
を繰り返してたら、ピアノがめっちゃ上手になりました!
ショパンの夜想曲(ノクターンOp.9)等が弾けるまでに。
いまは、ブラームスのワルツ(トビハゼのトビーの曲)に
挑戦中です。
おばあさんになった時、どこか外国の駅ピアノで弾きたいなぁ。

まだまだ暑さが続きそうですが
元気で乗り切りたいものです。
posted by 埜納タオ at 15:32| 日記

2020年07月06日

映画『パブリック 図書館の奇跡』

7月17日(金)から全国で順次公開予定の
映画『パブリック 図書館の奇跡』
イラストを寄稿させていただきました。

”パブリック=公共”のあり方について
改めて深く考えさせられる映画でした。
政治や経済・人権問題等で、世界中が渾沌としてる今だからこそ、
多くの方に関心をもって観ていただきたい作品です。

公開を記念して、7/7(火)7/8(水)に
日本各地の“公共”のエキスパートの方たちを繋いだ
《公共性を持つ空間》のあり方と未来〔座談会〕
オンラインで実施、配信されるそうです。
配信:ロングライド youtubeチャンネル内
私も視聴してみますexclamation

2020_07.gif

posted by 埜納タオ at 18:26| お知らせ

2020年06月04日

ピアノレッスン

ステイホーム期間にピアノを始めました。
小4でやめて以来なので、相当なブランク。
懐かしのブルグミュラー・ソナチネ・ソナタを
練習し、今、ジャズに挑戦中です。

鍵盤ってこんなに重かったっけ?
スマートフォンやPCの軽いキータッチに馴れ、
すっかり衰えた指先に喝exclamationを入れています。

プロットに行き詰まるたび、しばし弾いて
気分を総入れ替え。

2020_0601.gif

スタイル・カウンシルの曲を我流でるんるん
45秒の動画を撮ってみました。
下手なりに楽しんでいます。

posted by 埜納タオ at 16:46| 日記

2020年05月05日

五月です

鳥と花のイラストをかいています。
カラーはいつもフォトショップで仕上げるのだけど
なんだか思うように描けなくて、色鉛筆、マーカーで調整中。
やはり手塗りの方がしっくりくるんだなー。
無心になれて、心が平和。


自分の力で、太刀打ちできない出来事に対峙したとき、
静かにおわりが来るのを待つ…
受け身だけど、私なりの処世術です。

今の状況は決して楽観はできないけど、
停滞したムードに飲み込まれないよう
「衣食住」を幾分ばかり充実させて、過ごしています。

2020_05.jpg

過激な情報に煽られないで、ピンチの時こそ平常心を。
自分に言い聞かせています。

posted by 埜納タオ at 17:30| 日記

2020年03月12日

審査委員会推薦作品に

「夜明けの図書館」が
第23回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の
審査委員会推薦作品に選出されました。
下の方に、ちっちゃく載っています。
https://j-mediaarts.jp/award/manga/

講談社時代にお世話になった編集さんに報告すると
「長く続けてきたからこそ。おめでとう!」と返事をいただきました。

漫画というのは長く描いてると「勝手にキャラが動く」
という現象が起きるそうですが
私はこれまで全く……
動いてくれたことはありません。
命の吹き込み方が足らないのか、
はたまた、脳の働きが鈍いのか。

ただひとつ、数年前から
“漫画を描きながら自分を癒している側面がある”
ということに気づきました。
大きな気づきでした。
うまくいえないのですが、ここまで続けてきて
初めてたどり着けた境地のような気がします。


2020_03.jpg

今、描いている赤ちゃん。
オキシトシンがダダ漏れています。

posted by 埜納タオ at 11:31| お知らせ

2020年02月28日

潮来市立図書館文学講演会中止のお知らせ

3月20日に潮来市立図書館で予定されていた
講演会が中止となりました。

今以上、深刻な状況にならないことを願うばかりです。
posted by 埜納タオ at 15:07| Comment(0) | お知らせ

2020年02月18日

潮来市立図書館文学講演会

3月20日(金・祝)に茨城県潮来市立図書館
お話をさせてもらうことになりました。
協力者の吉田倫子氏も交え、創作の裏話や
漫画の中で描いてきた図書館などについて
トークライブもあります。
後半は潮来市立図書館の名物館長さんもご一緒に?

まだ単行本になっていない26話の読書会、
サイン会も予定されています。
お近くの方はぜひご参加ください。


20200320nonoutaokouenkai.jpg


posted by 埜納タオ at 16:19| お知らせ

2020年02月06日

掲載のお知らせ


『夜明けの図書館』26話が
発売中のJOUR3月号に掲載中です。
地域の自然災害について調べるお話です。

関西のローカル番組で
和歌山大学の先生が、災害の記憶を掘り起こして
地域の住民に伝える〜という放送をみて
それをヒントにお話を考えていきました。

3巻で登場したやんちゃ系のお兄さん、
5巻で登場した准くんも出てきます。
ご一読ください。

2020_2_1.jpg


2020_2_2.jpg



地元・福山市のフリーマガジン『RB』に
私の記事を掲載していただきました。
図書館用語でいうと、流通にのらない
【灰色文献】というものですね。

2020_2_3.jpg

posted by 埜納タオ at 15:47| お知らせ

2020年01月08日

2020年〜

新しい年を迎えました。

2020_01.jpg

毎年、春先に庭のもみじの木の下に
“赤ちゃんもみじ” が芽を出します。
いつも放置してたのですが(やがて枯れゆく)
昨年5月に小さな鉢に植え替えました。
ま…じきに弱るだろう、と思っていたのですが
年を越しても、まだ葉っぱをつけて
元気なのです〜。

その成長が面白くて
年末に園芸店で見切り商品となっていた花苗を購入。
少し世話をすると、花が咲き始めました。
素直にうれしい。

2019_01.2.jpg

いろんな変化を見つけて、今年も楽しんでいきたいです。

posted by 埜納タオ at 17:56| 日記

2019年12月22日

もう年末です

お世話になってる会社の年末イベントに行ってきました。
有馬から芸妓さんが5名来られて、お座敷遊びを初体験。
芸妓さんに定年はなく、最年長の方は87歳だとか。
「お嬢ちゃん」と呼ばれ、思わずはしゃいでしまいました。

私はハイジに出てくるような優しいおばあさんも好きだけど
ぴりっと強い緊張感を与えてくれる年輩女性にも憧れます。

以前、漫画に芸妓さんのお話をかきました。
その時は、神戸元町にある小唄教室のお稽古を取材させていただきました。
(担当さんに“よくそんな人見つけてきますねー”と感心された記憶が )
その先生も80過ぎで、都内から通われていて、タフで痺れたなぁ。
できれば、私もずっと絵を描いたり、何かを作っていたい。

来年は、体力づくりを強化したいものです。

2019_12.jpg

posted by 埜納タオ at 16:16| 日記