2017年09月18日

中年の希望


田辺聖子さんの『春情蛸の足』/講談社文庫
を読みました。
小説を読みながら、笑う事は殆どないのだけど
さすが、おせいさん。
幾度となく声が漏れてしまった。
収録8編すべてのタイトルに「情」が入っていて
登場するのは中年ばかり。格好悪くて愛しい。

読了後は、あつあつの汁気があるものを食べ
たくなって、
日々の些細な出来事がどうでもよくなって…
つまり、お腹が減って気が大きくなったのです。
いい小説だ〜。

ハタチの時、友人の彼氏(当時おじさん)に
三宮・東門街にある小料理屋へ連れて行って
もらった事を思い出しました。
白木のカウンターに、着物姿のおかみさん。
出て来たおでんのつゆが黄金色で、
おでんじゃない!と思った。
いわゆる関西風の白だしで、大根が格別旨い。
友人もその彼も酒飲みだったので、冷酒を
“ グラス in 升 ”で飲む『もっきり』という
スタイルを初めて知り、
その夜は、ずいぶん大人になった気がしたものです。

あの時の友人の彼氏やおかみさんの年齢を越えて
小説の中年と同世代のはずなんだけど、
どうにも自分は軟弱(脆弱)だなぁ〜と情けなくなる。
時代や環境も違うから当然なんだけど、
それでも、もう少し、ふくよかにー
“小粋な中年”を目指したいものです。



私には珍しい恋愛漫画『橙色の体温』
5年前くらいかな?
コンビニのおでんに一手間加えて食べるシーンを
描いていました。

111.jpg

222.jpg
posted by 埜納タオ at 23:11| 本 音楽 映画

2017年06月02日

クンクン!

ちょっと風邪をこじらせてしまい、生まれて初めて
何もにおわない!味がわかんないよー!という体験をしました。
嗅覚と味覚だけは自信があったので、動物として危機感を抱き、
かなりしょんぼり…。
うつむいて、しっぽ丸めていました。
無臭の世界はとてつもなく侘しい。
料理をしていてもつまらない。
生活の中でいかに多くの情報を鼻で判断しているのか
気付きました。

薬を服用して、数日前から少しずつ嗅覚が戻ってきました。
ほんと嬉しくて、あちこち色んなところを嗅ぎまくっています。
あー、生きてるー!!と“生”を実感。
しっぽ、振りまくってます。



医師に睡眠をしっかり、といわれ、早めに床に就くようにしてるのですが
眠気がやってこず、少し前に届いた本を読んでいます。


2017_06.jpeg

小川理子さん…。
ラジオで初めて声を聞いたとき「きっときれいな人だろうな」と思ったら、
やっぱりそうだった。
過去30年くらいのオーディオ機器の変遷と照らし合わせて読んでも面白そうです。
posted by 埜納タオ at 17:52| 本 音楽 映画

2016年11月27日

映画と小説と

先日、映画『この世界の片隅に』を観てきました。
劇場でアニメを観るのは、小6の時『幻魔大戦』と『クラッシャージョウ』(二本立て)以来です。

原作の世界観は大切に扱われたまま、映像ならではの美しさも加わり、
どこを切り抜いても素晴らしい作品でした。
導入部、コトリンゴさんの音楽で一気に作品に引き込まれて
エンドロールで、こっちの世界にそっと戻される感じ。

こうの史代さんが描かれるキャラクターは、かわいらしいだけでなく、
恐ろしいほど艶っぽい〜、なんだろ、あの色気。
“人間”を描いていらっしゃる。


suzu.jpeg


クラウドファンディングのメンバーになっていたもので、公開までの間、
すずさんから季節の挨拶(葉書)が届いたり、ファン垂涎の特典が満載でした。


***


今日は、一日中しとしと雨降りで、何もやる気がでず、
こたつにもぐって『彼女に関する十二章』著:中島京子を一気読み。
いい映画を観た後のような読後感。あー、おもしろかった!

50歳夫婦の会話が、なんとも東(京)ぽいな〜、と感じる。小気味よい上品さ。
夫婦であれ、パーソナルスペースがやや広く、西のソレとは幾分違う、とか思ってしまう。
ミドルエイジ女性におすすめです。

posted by 埜納タオ at 21:41| 本 音楽 映画

2016年08月26日

薬味に学ぶ

薬味が好きです。

特に夏場は、ミョウガ、大葉、しょうが、すだち、かぼす等。
なければないで「ま、いっか」と諦めるけど、
あったらあったで、料理がぐんと美味しくなる。
主張しないけど、いい仕事をする。
自立してて、依存も拒絶もしない。
薬味いいな、としみじみ思う。


料理と薬味の間柄。
私にとって、理想的な対人関係かも〜と、
ちょっと意味わからん事を夏の終わりに考えたりしています。
はぁぁ…2016年夏が過ぎゆくよ。
これでも、夏が大好きで一番元気な季節なのです。



skipskip ben ben.jpg
神戸塩屋・旧グッゲンハイム邸にて
青葉市子&SKIP SKIP BEN BEN east asia tourを観てきました。

バンバン(台北の歌姫)の声とギターに、心の沈殿物が一掃されたよう!
靴下でエフェクターを押す足の可愛さよ…



***

“音楽×図書館”の記事で気になるものが2つありました。
文京区小石川図書館
SILLY MUSIC
時代の進化と共に、音楽の聴き方も変わっていますが、
私はApple Musicで良さげな音を探して、気に入ったらアルバムを購入しています。
小石川の図書館は、行ってみたいです。

posted by 埜納タオ at 18:02| 本 音楽 映画

2016年07月31日

静かに興奮しています

itami.jpg

伊丹市立美術館にて
岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』を観てきました。
線、ダイナミック。言葉、刺さる。

yoshitomo.jpg

初日ということで、トークイベント対談「岡崎京子について」があり、
ゲストによしもとよしともさん…!(53rd&3rdのTシャツexclamation×2
とんでもなく雰囲気ある方で、まだくらくらしてます。


前日、講談社時代にお世話になった編集さんと作家さんと会っていたこともあり、
二日続けて、大きな刺激を受けました。
普段、漫画の話できる人いないからー。
ああ、やらなきゃ!
posted by 埜納タオ at 00:42| 本 音楽 映画

2015年08月14日

夏の課題図書など

積読状態だった本をちょこちょこ読んでいます。

『夢に又吉がでてきて意識している』
と、幾人かの友人に伝えたら、やたら反応がありました。
みんな文面の最後に “(笑)” がついてました。
それで、思わず“文學界”を買ってしまった…。
「火花」は文庫になって手にしてみようと思う。

IMG_2294.jpg


今夏お世話になっている音楽。
IMG_2295.jpg

ceroの3rdアルバム、『Obscure Ride』めちゃくちゃ良いです。
先行シングルにもなった“Orphans”を聴くと私も逃避行をしたくなる。
みなさんもお聴きになるといいと思う。
歌詞もすごくいい。
個人的には、漫画「たそがれたかこ」さんの世界観にも
似てると思います。

(それはそうと、“文學界”のカバーイラストが、
 元ceroのドラマー柳智之さんだそうで…知らなかった。多才!)
posted by 埜納タオ at 17:13| 本 音楽 映画