2017年04月24日

ことば蔵へ行ってきました

伊丹市立図書館ことば蔵でのイベント
”読書犬への「本のよみきかせ」会”へ参加してきました。

読書介助犬とは…
R.E.A.D(Reading Education Assistant Dog)のプログラムといわれる
アニマルセラピーの一つで、
犬は読み手が言い間違ったりしてもからかったりしないことから、
本や人前での音読が苦手な子どもが犬に本の読み聞かせを行うことで、
自信をつけてもらおう、という目的でアメリカで始まった活動だそうです。

日本レスキュー協会より2頭のセラピードッグが図書館へやってきました。
(※読書介助犬として育成されたワンちゃんではないそうです)

言語聴覚士の先生も来られていて、
参加者(保護者)向けに吃音などことばに関する相談も受付されていました。

niconicori.jpeg

nicori.jpg

正直、ワンちゃんは、話を聞いてるような聞いてないような。
プレッシャーを与えないので、子どもたちはリラックスして楽しそうでした。


itami.jpeg
全然聞いてない….。
聞いてほしいから、一生懸命読もう!と読み手は燃えるそうです。


kotobakura.jpeg

今回のイベントは市民の方からの案で、ことば蔵では様々なイベントが目白押し。
さすが、Library of the Year 2016に選ばれた図書館です。
市民が積極的に参加して、楽しみながら図書館を盛り上げている、という印象でした。
奥にとっても広い建物です。設備も充実していて、利用者で賑わっていました。

伊丹…文化的な街です!



(イベントとは関係ないですが)
このところ、改めてことばや読書の大切さについて、あれこれ思う事が多いです。
先週、新聞で歌人の穂村弘さんが書かれていたコラムが興味深かったです。
私は読書嫌いで、意識して読むようになったのは、漫画家としてデビューしてから…。
いまも決して読書量は多くなく、普段は新聞と就寝前に何か読むくらいですが、
それでも、自分を形成するのに必要な養分だと思っています。

ことばを大切にしている人のラジオなども、聴いていると面白いです。
ことばによって世界像は書き換えられる。きっとそうです。

posted by 埜納タオ at 16:37| 図書館

2016年09月22日

講演会のお知らせ


11月3日(木・祝日)に、沖縄県浦添市てだこホールにて
浦添市立図書館 読書講演会”が開催されます。
その中で、『本で調べる・図書館の活用法 〜レファレンスの魅力〜』
というテーマで、講演をさせていただく事になりました。


urasoe01.jpg


講演の主旨は
“心身とともに成長する大切な時期であるYA(ヤングアダルト)世代に向けて、
本や読書への興味に結びつける内容”
となっています。


近隣にお住まいで、興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひお越し下さい。
浦添近辺の市町村は、琉球大学などの学生さんが多く、学びの意識が高い環境だそうです。
学生時代からは、ずいぶん歳月が経ってしまいましたが、こういった形で
若い方(しかもウチナンチュ〜)と交流できるのは、嬉しい限りです。


浦添市立図書館では、特設コーナーを設けてくださっていますexclamation
ポップで明るい館内の画像が届きました。
星がいっぱい飛んでいます☆
「夜明け」をイメージして作ってくださったそうです。
似顔絵の色は、切り絵で貼り付けされたとかー。
私が120%可愛くなっておりますぞいい気分(温泉)


urasoe.jpg


おススメ本は、繰り返し手にするお気に入りを選びました。
ここに写ってるのは、町田康、津村記久子、金城一紀、北山修さんの本など…。





以下、 “YA”(若者)つながりで


YA.jpg


私が住んでいる地域の兵庫県「小野市立図書館」には、市内の中高生からなる
図書館文芸部”なるものがあり、YAコーナーをすべて彼らが担っています。
(小野市では「YY(ワイワイ)コーナー」と言います。)
活動日は月1で、私も参加しています。
学生ならではの柔軟でユニークな企画で、貸出冊数も伸びているそう!
講演会の中でも紹介できればと思います。


それと
先々週、遊びに来てくれたCちゃん(from米国・メリーランド)。
日本のアニメとマンガが大好きで、来年から東京へ留学するそうです。
流暢な日本語で、仕草も大和撫子のよう。
筋金入りのコスプレイヤーで、生地からすべてを仕立てていて、凄いです。
このあと、幕張メッセでのイベントへ行かれました。


若者から、ほど良い刺激をもらっています。







今年2月に国立国会図書館関西館で行われた
第12回レファレンス協同データベース事業フォーラム
 レファ協の10年:これまでとこれから

のフォーラム記録集が公開されました。
私が、1時間喋った内容が文字おこし(?)されています。
たいへんな作業だったのでは、と想像します。

フォーラムの最後に、夜明けの図書館の「暁月市立図書館」を
レファ協の「名誉図書館」に…というくだりがあるのですが、
記録集を読んだ担当さんが、笑って喜ばれていました。


リンク貼っておきます。
第12回レファレンス協同データベース事業 フォーラム記録集』(PDF 3.2MB)
配布資料』(PDF 3.3MB)

posted by 埜納タオ at 00:14| 図書館

2016年08月19日

残暑お見舞い申し上げます


このところ、並行していくつかの作業をしていたので
デスク周りがとんでもなく荒れ果てています。
とりあえず、今日までの目標が達成できたので、ほっ。
ちょっと肩の荷がおりる〜。
それにしても、見事に汚い。
整理しなきゃあせあせ(飛び散る汗)



-2.jpeg

お盆を挟んで久しぶりに帰省してきました。
海沿いの小さな町で1件取材。
知らないことを知ったかぶりして描く事ができないので、つい細かいことまで
突っ込んでしまう。相手が親切な方で助かりました。
瀬戸内海は穏やかだなぁ〜。



-1.jpeg

別件で、福山市中央図書館で行われた講座を聴講。
都内から、M大学のT先生が来られていて、近くのタイ料理屋で昼食をご一緒に。
ランチの写真を撮られていたので「(ご自身の)記録用ですか?」と尋ねたら、
「Facebookにあげる。」とのこと。
先生、リア充でいらっしゃる………。



ad.jpeg

図書館から駅までの途中に見つけた看板。かわいい。
帰省のたび、浦島太郎の気分です。
posted by 埜納タオ at 15:49| 図書館

2016年07月07日

取材など


先週、千葉経済大学のS先生を尋ね、お話を伺ってきました。
図書館現場に長くいらっしゃった体験談を中心に、レファレンスの心得などを。
受講料を支払わねば、と思うくらい濃い内容でした。
長時間にわたる特別講義を本当にありがとうございました。
同行していただいた司書のYさん、担当さんにも感謝しきり。
漫画にうまく反映していけるといいなあ〜。私次第か。
司書資格を履修中の学生さんたちに握手を求められ、エヘヘという気分になりました。



赤羽に泊まっていたので、翌日は『北区赤羽図書館』へ行ってみました。
郷土資料にあった「あかばね漫歩」という昭和のミニコミ誌が面白くて、
かなりの枚数をコピーしてしまった。
読者欄とか、企画とか、誌面づくり全体が好みで…思わず長居。
ふらふらと歩くのに予想以上にディープで頼もしい街でした。
ドラマの影響もあってか、赤羽に移り住む若者が増えているそうです。(担当さん談)


ホテルのロビーにも「東京都北区赤羽」がコンプリート。
2016_07.jpg


画像の短冊は駅に設置してあったものです。微笑ましい。
他にも「本物になりたい」とか「好きな人の好きな人になりたい」とか。
私も願い事を書こうかと思ったのですが……用紙がありませんでした。

 “自分の意思を自分の言葉で伝えられるようになりたい”

願い事というより課題かな。
言葉で伝えるのが下手だから漫画をかいている、という言い訳もできますが
現実の世界では、どんな場面であれ、自分の頭で考えた事をきちんと伝える努力が必須、
と改めて思うこの頃です。



最終日は、東京大学の近くに住む友人と安田講堂下の食堂へ行ってみました。
彼女とは、何かと境遇が似ていて、話していて心が落ちつくんだなぁ。
別れ際、次いつあえるんだろう、早くあいたいなぁ、と思ってしまう素敵な女性です。



留守の間に溜まった仕事、調べもの、宿題、雑用諸々…がんばらねば!
posted by 埜納タオ at 17:48| 図書館

2016年05月31日

図書館探訪〜福岡県立図書館〜

気付けば、5月も最終日…です。

今月は、福岡県立図書館を訪れ、郷土資料などを見せていただきました。
福岡藩・黒田家関連のものから、地方紙や古地図までー。
いろいろと解説いただいてちょっとしたブラタモリ気分。
(歴史や地理にはめっぽう疎いのですが…。)
大河ドラマや朝ドラ(炭坑)で九州がフィーチャーされると、
それらについてのレファレンスがぐっと増えるんだそうです。
なるほどー。
思わず吹き出しちゃうようなレファレンスもあったりで、テレビの影響って
相変わらず大きいのだなぁと感心しました。
そして人々の探究心もすごか〜。
丁寧に対応していただき、ありがとうございました。
時間があれば、伊万里市民図書館へも足を伸ばしたかったのですが、今回は断念。


2016_05.jpg

日中は雲ひとつない青空で、鳶か鷹(?)がやたら飛んでいました。
違う土地へ行くと、テレビで天気予報を見るのが好きです。夕方のローカル番組なども。
あー、余所へ来た!!と気持ちが小躍りするのです。
らくがきは中州で見かけた女の子。
………そんなあの子は“透明少女”。


posted by 埜納タオ at 23:59| 図書館

2015年08月12日

図書館カードできました

いつもお世話になっている
兵庫県小野市立図書館の利用者カードが
新しくなりました。

「夜明けの図書館」2巻のカットが使用されています。

中高年の男性とか、どうなんですかね?と心配してたのですが
喜んでもらえているそうです。はは、ほんとかな。だったらいいな〜。

写真.JPG
posted by 埜納タオ at 12:35| 図書館

2015年06月19日

図書館めぐり

一昨日、漫画の資料探しで図書館3館をハシゴしてきました。

県立図書館へいけば、一気に片付くかな〜と思いきや
そうでもなさそうだったので、あれこれ目星をつけて
出掛けてきました。
いつも『県内図書館横断検索』に助けられています。

入手可能な本は購入するのですが、いかんせん古いものは
どうしようもなく……
今回借りた資料で一番古いのは昭和50年発行のものでした。

securedownload-1.jpeg

見た事の無い貸出カードです。



もうちょっと欲しい資料があるので、
来週もちょこちょこ図書館日和になりそうです。

そういえば、先月末、大阪の中之島図書館へも行ってきました。
前回行った時は休館日だったんですよね。

くずし字で書いてある和装本や古い地図で調べものをしている人たちがいて
自分の漫画みたいだぁー…としばし見とれてしまいました。
中高年男性ばかりのテーブル席で、その一角だけ妙に熱いものが。
「何をお調べになっているんですか?」と気安く声を掛けてはならない
ピリっとした空気を感じました。
近隣の図書館では見受けられない光景だったな〜。

securedownload.jpeg

築…111年?

securedownload-2.jpeg

館内の建具。幅も高さも小さい!
雰囲気ありました。


※大阪府立中之島図書館はリニュアール工事のため現在は臨時休館中だそうです。
posted by 埜納タオ at 13:19| 図書館