2019年11月05日

福山〜尾道

先月、帰省中に父と福山市にある
神勝寺 禅と庭のミュージアム』へ行きました。
沼隈(ぬまくま)の山奥に、どかーんと現れた舟型の巨大パビリオン。
名和晃平氏デザインによるもので、中で瞑想を体験できます。
藤森照信氏の建築物、禅僧の白隠のコレクションもあったり
見処たくさん。おなかいっぱい。
どこまでも贅沢でした。

2019_1002.jpg
 
道中、びっくりな話を父から聞いた。
“出先で年上の女性に声をかけられ、連絡先を渡された”とのことー。

え…なに(動揺する娘)それって、な…なんぱ?
家に帰って証拠のメモを見せてもらった。
そこには達筆な文字で書かれた女性の名前と連絡先が。
連絡は………してない、とのこと。笑

齢81を越えて本格的なモテキを迎えている父。
人生は何があるかわからない、本当に。

2019_1001.jpg

尾道から向島へ渡って音楽のイベントへー。
おだやかな瀬戸内海。
丁寧に作られたプルーンすもものジャムを買って帰りました。
パッケージが可愛すぎですexclamation

リフレッシュした秋の休日。
これから年内は原稿に集中して、がんばります。
posted by 埜納タオ at 18:29| お父ちゃん

2019年07月09日

父の暮らし

来月発売予定の新刊の確認が終わりました。
加筆修正は最小限にー。

一箇所、ある言葉についての説明が誤っていて
編集さんからご指摘をうけた。
校閲の方が見つけてくださったのかな。
本を1冊出版するのに、たくさんの人の手が加わって
成り立ってることを痛感します。

いま原稿中で、とくに明るい話題もないのですが
来週は『ニューヨーク公共図書館エクス・リブリス』を
観に行こうと思っています。


***


先月、半年ぶりに帰省しました。
父、元気そうでよかった。

天気の良い日は、友人所有の山へ出かけて
池を整備したり、木を伐採したりしてるそう。
缶コーヒーのんでおしゃべりしながら
自然の中での作業は最高なんだとか。
ノルマも期日もなく、好きな時間に好きなだけ。
“その日暮らし”を満喫してるぽい。


2019_0701.jpg

ピアノリサイタルが始まったのにはビックリ。
ちゃんと左手(伴奏)もついてる〜


お気に入りのネット動画もいくつか教えてくれて、
Hauserというチェロ奏者(色男)に心酔してました。


他には、ヒペリカムというスパイシーな香りの花を
ドライフラワーにして飾ってたり、
昔の浴衣をリメイク(!)してたり。

感性に衰えの兆しはない。
その事にいつも安心して、私は勇気づけられるのです。

2019_0702.jpg

posted by 埜納タオ at 19:16| お父ちゃん

2018年10月29日

父の交渉術

所用ができて、急遽実家へいってきました。

今年、傘寿をむかえた父ー。
少し前に高校時代の同窓会があったそうです。

事前の段階で
あまりにも参加希望者が少ないので
幾人かの元気な同級生に、直接電話をして
交渉したらしい。

「なんて言って口説いたん?」
て訊いたら

「そりゃー、まぁー、
 今なら、まだわしの髪があるけぇ。
 次回はもう(髪が)なくなって
 会ってもわしじゃって
 気付いてもらえんかもしれんけぇ
 じゃけぇ(髪があるうちに)来てくれえ!」
とな。

相手の情に訴えかける手法…。
なんとも父らしい。


父は、家近くに土地を借り、黒豆を大量に作っている。
収穫期を迎え、親類等あちこちへ配送する準備に追われていた。
正月やお盆、記念日などどうでもいい、というスタンスの父が
一年で一番張り切るビッグイベントのシーズン。

今年は、父が交渉して同窓会に参加してくれた旧友にも
送る用意をしていた。
プリンターの上には、同封すると思われる礼状が数枚ほど。

目を通すと、なかなかやんちゃな文章で
思わず吹き出してしまった。
公にはできないけど…
最後だけちょこっと。

 追伸
 今100歳時代だ
 後20年耐え難きを耐え、忍び難きを忍び
 猛暑極寒を吹き飛ばし、美女は優しく懐へ。
 又何時か何処かでお会いしましょう。

***

父が案内してくれた湯治場いい気分(温泉)
男風呂も女風呂も、貸し切り状態でした。

2018_10.jpg

posted by 埜納タオ at 19:12| お父ちゃん

2018年04月01日

春爛漫です

昨夜、10時過ぎに父から電話が。
父から連絡がくることは、殆どないので
何事?と、一瞬構えたら
「テレビに桐谷さんが出とるよ〜」って。
桐谷さんって、株主優待生活で人気のあの方です。
「ああ、見てる見てるよー」
「お父さんこれ見て寝るわ〜、おやすみ」
5秒ほどの短い電話。

ぎっくり腰の時は、事後報告で電話くれなかったのに、
桐谷さんだとくれるんだ。
父の緊急時のボーダーラインが面白い。


桜が満開です。
もうじき実家の木蓮も咲く頃かな。
父画の木蓮、再録。

mokuren.jpg

***

明日から始まるNHK連続テレビ小説の作中に
巨匠・くらもちふさこ氏の往年の漫画作品が登場するそう。
描かれ方が楽しみー!

放送が終わってしまいましたが
NHKプレミアムドラマ「弟の夫」がとてもよかったです。
キャラクターが脳内で生き続けてくれています。
posted by 埜納タオ at 18:14| お父ちゃん

2017年10月17日

芸術の秋


父から、畑でとれた黒枝豆とおばあさんの似顔絵が
大量に送られてきました。
以前から“わしの絵をブログに載せてくれ〜”と
懇願されていて、いや、そんな発信力ないし、
私のイメージもあるし…と
やんわりスルーしてたのだけど、また来た。

いっそのこと、父がインスタでも始めて、
毎日おばあさんの絵をアップすれば…
インスタ映えはしないだろうけど…
とも思ったのですが、それは危険行為。

という訳で
おばあさんシリーズ第3弾です。

chichi_01.jpg

chichi_02.jpg

それにしても…
いったい何人のご婦人と交流してるんでしょう。



雨降りが続くと、家で何してるのかな?と
娘なりに心配していたのですが、
もっぱらYouTube三昧のようでして。
バイきんぐの小峠さん、サンドウィッチマン、
ブラックマヨネーズがお気に入りだとか。
ここ数日は、ショパンを聴きながら豆の
もぎ取り作業をしているそうです。
お笑いからクラシックまで守備範囲の広い父です。

chichi_04.jpg

旬の食材を届けてくれる人がいるって
ありがたいことですね。
posted by 埜納タオ at 19:39| お父ちゃん

2017年03月31日

父、湯治場にて

週に1度くらいのペースで実家の父に電話しています。
他愛もない話をすませ「じゃ、またね」と電話を切ろうとしたら
「そうそう、お父さんええ事あってなぁ〜♡」と
こんな話を聞かせてくれました。

以前から気になっていた、山の中にひっそりある温泉地へ行ってみた 
脱衣場での勝手がわからず、迷っていた所を
先客の50代とおぼしき男性が親切にナビゲートしてくれた 

これが、ええ体したええ男で、ほんま優しゅうて、
 仏さんみたいな顔しとってんじゃ〜♡♡♡
」と。
…珍しい。父は、まず他人を褒めない。余程の事なのです。

「お父さん意気投合して、色んなハナシしてのぅ〜」と、声も弾んでいます。
トラックの運転手で全国を走ってる方らしく、各地の様々な話を聞かせてもらい、
お互いの身の上話などを語り合い、長湯してしまったとか。
お相手の込み入った事情まで私に聞かせてくれたので、
父が不躾な質問をしたにちがいないふらふら
「“またここで会おうな”って言って、別れたんじゃ〜」と、
身も心も満たされてるようでした。よかったね。

家族や友人では距離が近すぎて、通りすがりの赤の他人だからこそ
話せるハナシ、というのがあるのかもしれません。

それにしても、やたらとその男性の体を称えていて…
それもそっか。
80前の父からすれば、50代男性の鍛えられた肉体は若く魅力的だったのでしょう。
もう手にいれる事はできないからー。

しっかし「一体どこの温泉地よ?」と検索してみたのですが
情報が…。少しだけあった…え、入浴料大人300円、宿泊料2000円!?
隠れた湯治場のようですいい気分(温泉)
posted by 埜納タオ at 17:20| お父ちゃん

2016年09月06日

そろそろアレを


随分前に、父から送られてきた大量の絵の一部をアップしてみます。
おばあさんシリーズ第二弾です。
以前にも載せたことがあるのですが、今回はキャプションまで付いていて、
思わず吹き出してしまった。
父の人格が疑われそうで、ここには載せられませんが…観察眼は相変わらず鋭い。


chichijpg



8月に78歳を迎えた父。
お祝いを兼ねて、姉家族が父をマツダスタジアムに招待したそうです。
阪神×広島戦のバックネット裏が取れたから〜と。
父用に、張り切って応援ユニフォームまで準備したという姉。

私「お父ちゃんは、そういうの絶対着んじゃろ。」
姉「やっぱり…?」

というやりとりをしていたのですが、
当日、ウハウハな画像が送られてきてびっくり。
赤い…浮かれてる…
しかも、父さんてタイガースファンだったんじゃぁ… 


初めて訪れたスタジアムの熱気に感化され、ずいぶん興奮してたそうです。
試合はカープが大勝したそうですが、点が追加されるたび、選手じゃなくて
しゅんとするビジター席(阪神ファン)を双眼鏡で覗いてたとか。

私はプロ野球に疎いので、全然気にしてなかったんだけど
カープすごい事になってるんですね。
オバマさんが来広された年に「優勝(?)」って……exclamation×2
広島の街は、とんでもない乱痴気騒ぎになりそうです。

carp_.jpg
posted by 埜納タオ at 18:20| お父ちゃん

2016年01月26日

一頭と一匹

冷たい日が続きますね。

父がマフラーをプレゼントしてくれました。
でも………やっぱり普通の代物ではありませんでした。


_01.jpg


_02.jpg


_04.jpg
なにか…


_03.jpg
いる。


05.jpg

さりげに、私の干支いのしし
もれなく、夫の干支ねずみがステッチしてありました。
どうやって着こなすべきか悩んでいます。
posted by 埜納タオ at 15:10| お父ちゃん

2015年12月10日

父について二、三の事柄

父は、かぼちゃの馬車でおばあさんを運ぶバイトをしています…。

おばあさん、というと失礼か。お年を召したご婦人、というべきか。
お連れする先は病院や施設ではなく、華やかで煌びやかな場所。
(そこで主にお買物を楽しんでもらう訳ですが…)
少々男前で気さくな父は、しばし、ご指名がかかる。

少し前に聞いた話は、新規のお客さんをお迎えにいったときのこと。
お連れする先は高速道路で一時間程度かかる場所。
後部座席に乗車してもらい、会話を始めると妙に気が合い、
「せっかくだから前(助手席)に座って、話しながら行きませんか?」と誘ったところ、
最初そのマダムは警戒されたのか、
「いやいや後ろで結構です。」と遠慮されたらしい。
…が、その後2人の会話はさらに弾み、高速道路に乗る手前で
「運転手さん、やっぱ停めて!私、前に乗る!」と仰ったそうです。

じいさん、やるなあ〜〜ぴかぴか(新しい)
漫画でもそんな胸きゅんなシーン、思いつかないよ。
securedownload-1.jpeg

それから、2人で目的地までお喋りを楽しみ、マダムも上機嫌。
任務を終えた父は、営業マンから「あのピンクのシャツの運転手さんがよかったから……黒ハート」と。
なんでも、マダムは結構なお買物をされ、父は会社の営業成績に貢献することができたらしい。

御用があれば、どこへでも
かぼちゃの馬車でお迎えにあがる父です。
高齢だから、ドライバーの仕事は何度か切り上げたのだけど…なんだかんだで続いています。
それにしても世の中いろんな仕事があるもんですね。
securedownload-2.jpeg

こちらが、父がお連れするご婦人の似顔絵……だそう……(父画)

chichi.jpg

「お父さん、女性を描く時はありのままに描いちゃいけんよ!」って言うんだけど……
「わしは嘘つけんけー」と。
お客さんにお渡しして、機嫌を損ねた事もあるらしいふらふら

securedownload.jpeg

父のワードローブ。
(正確には、ピアノの前に設置したつっぱり棒から吊られている…)
posted by 埜納タオ at 13:32| お父ちゃん

2015年12月03日

師走です

なんだかんだで慌ただしく、もう師走です。
毎年、この時期同じ事を言っているような……
やっと “2015年” に馴染めた頃に、もうお別れだなんて。

10〜11月は、マンガの取材や資料集めをしておりました。
ネットや本で調べても分からない事は、あちこち出向いて、
色んな方にお話を伺ったり確認したり….。(別行動で担当さんも)
それでなんとか、お話が出来つつあります。
協力していただいた方のおかげですー。

ネームも、ほぼ形になってきました。
これまで、約20年以上マンガを描いてきたわけですが、
はじめて自分で「よっしゃ!!」と思える場面を描く事が出来ました。
すごいぴかぴか(新しい)
うれしいexclamation×2
(出来ました………ってまだ、原稿はこれからなので、出来てはいないのだけど。)

順調にいけば、来年初夏頃に発売される「夜明けの図書館」4巻に収録される予定です。
年末年始は原稿漬けになりそうですが、がんばりますー。


***


そういえば、父から
「わしの画をブログに載せてくれ〜〜〜」と
大量の画が送られてきましたあせあせ(飛び散る汗)
追々アップしていこうと思います。
私のブログ、乗っ取られそうだな…。

chichi_01.jpg


chichi_02.jpg


chichi.jpg
地元の祭りで警備員に注意をうけている父。齢77。達者です。
posted by 埜納タオ at 16:27| お父ちゃん