2016年01月06日

告知です

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

2016.jpg


来月、2月18日(木)に、国立国会図書館関西館で行われる
第12回レファレンス協同データベース事業フォーラム
講演をさせていただく事になりました。
(暮れに友達に「今度、講演会やる事になって…」と言ったら、
 「だれの?政治家の!?」って。“後援会”と間違われたよー。)

まだ、内容について全然取り組めていないのですが、
「『夜明けの図書館』とレファ協」というお題です。
4巻に収録予定の第14話で“レファレンス協同データベース”を
取り上げさせてもらった事がきっかけとなりました。
私に何が話せるんでしょう…
あまり気負わず、楽しい会にできればと思っています!


000.jpg

参加者の受付が始まっているようです。
図書館関係者の方も、一般の方も参加できるそうです。
平日ですが、可能な方はぜひどうぞ。

posted by 埜納タオ at 17:04| お知らせ

2015年10月02日

漫画掲載のお知らせ


夜明けの図書館・第15話「小桜さんの誇り」が
JOURすてきな主婦たち11月号に掲載中です。

今回は非正規の嘱託職員・小桜さんがメインのお話です。
図書館で働いてる方の大半が非正規の方なので、
いつかテーマに取り上げて描きたいと思っていました。
難しい問題で、明確な回答や解決策がある訳じゃないので
着地を悩みました。
取材やお話を聞かせてくださった図書館員の方に感謝しています!

004.jpg

作中に「あかおにどすこい」という創作絵本がでてきます。
こういうとこだけ、描いてて本当に楽しい…という性。
他にも鬼の絵が色々でくるので、わらってください。

あと、もう1話できると4巻になるので
次回作に向けてがんばっております。
遅い…!遅いけど地味に進んでいます。


***


すっかり秋めいてきましたが、この夏どうしてたっけ?と
手持ちの画像を遡ってみました。

003.jpg

オリンピックのエンブレム騒動の最中、
友人が「宿題で息子が描いた絵」を送ってくれて
それがほんとうに素晴らしかったので、つい加工して
「もぅこれにしよーよ!」て、仲間内に送った画像。
この色彩…センス爆発。
いつも彼の絵や作品に元気をもらっています。


002-2.jpeg

002.jpeg

スーパーの駐車場に居た犬。
悟りの境地にいらっしゃるような佇まい…。
私もこんな風になれるだろうか。


001.jpg

キセルのライブを日比谷野外音楽堂にて。
3度目の野音も雨でしたが、彼らの音楽と相まって
心地良い夏の終わりでした。


posted by 埜納タオ at 18:29| お知らせ

2015年04月15日

ペン入れ作業


やっと原稿のペン入れを始めました。
掲載はまだ先なので、時間的には余裕ある(はず)なのですが
早く終わらせて、次回作に取りかからないと…!
単行本のリリースが果てしなく先になりそうです…。

ペン入れ作業は、もっとリラックスして描けたらいいのに〜
と思いながら、いつも緊張してしまいます。
原稿用紙こえぇ。
コピー用紙だったら、いい画がかけるのに
原稿になった途端、まるで割引シールを貼られたような
鮮度の落ちた画になってしまいます。

しかも、いくら頑張ってもネーム時の画にはかなわないという…
これについては先日放送された日曜美術館・特別アンコール(鳥獣戯画について)
の中で、手塚治虫先生も同じようなことをおっしゃってたので
絵描きとはそのようなものかもしれません。
(ちなみにうちの父も同じことを言っていました。
 無論、絵描きではありませんが。)

あと、ネーム時のえんぴつの線がとっても好きで
原稿の段階でペンでなぞっていくという行程は、意外とつまらなく
感じてしまいます…私の場合。
ひたすら、ビットマップをベクトルデータに変換するようでー。
でも読者の方に見てもらえるのは、原稿でしかないので
ネーム時と変わらない同じ熱い気持ちで臨むようにしています。

グダグダ言ってないで、はよ描けって感じですね。

***

1.jpeg

いつもお世話になっている平尾工務店さんが毎月発行されている
木心通信での4コマ漫画を復活いたしました。
1年間休載をいただいて、その間、数少ない漫画家友達のひとり
うつろあきこ嬢が代筆してくださいました。
本当にありがとう〜〜〜うつろさん!!もうやだ〜(悲しい顔)


ta.jpg

こちらは父が送って来た画像。
庭のぶどうの木越しに見たスーパームーンを“顔料”を使って描いたようです。
顔料ってよく知らないんだけど、デッサン用の木炭みたいなものなのかしらん。
posted by 埜納タオ at 16:14| お知らせ

2015年04月01日

もっていくもの『強い心』


新年度が始まりました。
私自身のマンガ業には、なにも関係ないけど
親近者の多くが、新たなステージへ移り進む春になりました。

姪と甥は、本日をもって社会人デビュー。
甥っ子は、地元広島を離れ、大阪での寮生活。
姪っ子は早々に、自衛隊での新入社員研修が待ち受けているようで、
3枚にもわたる “もっていくもの” メモの最後の行に
『強い心』と書いておったそうです。(姉談)
いつかマンガのネタに使えるだろうか…。

『強い心』私も携えておきたいものです。
どうか、みなさんの新生活に幸あれ〜ぴかぴか(新しい)


book.jpeg


学研教育出版社「小説・マンガで見つける!すてきな仕事」1巻に
“夜明けの図書館”が取り上げられました。
中学生対象の出版物だそうです。
(内容をみて図書館司書に興味をもってくれる学生さんがいてくれても
 実際のところ、正規での雇用はかなり少ないので複雑な気分でもあります…。)

私が中学生のときは、図書室に「なるにはシリーズ」があって
「グラフィックデザイナーになるには」を読んでいました。
中3のときには、将来の進路をそんな風に考えてたなぁ。
学年で一番かっこいいと位置づけられていた男子は
「スチュワーデスになるには」を借りておりました。



posted by 埜納タオ at 17:16| お知らせ

2015年02月11日

イラストかきました


1月31日付の読売新聞夕刊の“読み切り創作”
魚住直子先生の「ひとは一色じゃないよ」の
挿絵を描かせていただきました。

3年間描かせていただいたシリーズですが
今回で最後ー。
毎回楽しく自由に描かせていただいて
とても良い体験となりました。

yomiuri_cut.jpg

イラストのお仕事、随時受け付ています。
ご相談ください。
posted by 埜納タオ at 14:29| お知らせ

2014年12月02日

〜漫画掲載のお知らせ〜


「夜明けの図書館」第13話“蔵書一斉点検”が
本日発売「JOURすてきな主婦たち」(双葉社)1月号に
掲載されています。

作画にあたり、地域の図書館で取材のご協力をいただきました。
何度もしつこく伺ったのに、いつも笑顔で対応してくださる司書さん。
本当に助かりました。
その時はまだ暑かったのに、すっかり冬です…。

今回、新しく登場する図書館スタッフのキャラ表。
(そんなに登場していませんが、
 一応それぞれキャラ設定はしています。)

よろしければ、ご覧ください。

IMG_1484.jpg
posted by 埜納タオ at 16:04| お知らせ