2020年03月12日

審査委員会推薦作品に

「夜明けの図書館」が
第23回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の
審査委員会推薦作品に選出されました。
下の方に、ちっちゃく載っています。
https://j-mediaarts.jp/award/manga/

講談社時代にお世話になった編集さんに報告すると
「長く続けてきたからこそ。おめでとう!」と返事をいただきました。

漫画というのは長く描いてると「勝手にキャラが動く」
という現象が起きるそうですが
私はこれまで全く……
動いてくれたことはありません。
命の吹き込み方が足らないのか、
はたまた、脳の働きが鈍いのか。

ただひとつ、数年前から
“漫画を描きながら自分を癒している側面がある”
ということに気づきました。
大きな気づきでした。
うまくいえないのですが、ここまで続けてきて
初めてたどり着けた境地のような気がします。


2020_03.jpg

今、描いている赤ちゃん。
オキシトシンがダダ漏れています。

posted by 埜納タオ at 11:31| お知らせ

2020年02月28日

潮来市立図書館文学講演会中止のお知らせ

3月20日に潮来市立図書館で予定されていた
講演会が中止となりました。

今以上、深刻な状況にならないことを願うばかりです。
posted by 埜納タオ at 15:07| Comment(0) | お知らせ

2020年02月18日

潮来市立図書館文学講演会

3月20日(金・祝)に茨城県潮来市立図書館
お話をさせてもらうことになりました。
協力者の吉田倫子氏も交え、創作の裏話や
漫画の中で描いてきた図書館などについて
トークライブもあります。
後半は潮来市立図書館の名物館長さんもご一緒に?

まだ単行本になっていない26話の読書会、
サイン会も予定されています。
お近くの方はぜひご参加ください。


20200320nonoutaokouenkai.jpg


posted by 埜納タオ at 16:19| お知らせ

2020年02月06日

掲載のお知らせ


『夜明けの図書館』26話が
発売中のJOUR3月号に掲載中です。
地域の自然災害について調べるお話です。

関西のローカル番組で
和歌山大学の先生が、災害の記憶を掘り起こして
地域の住民に伝える〜という放送をみて
それをヒントにお話を考えていきました。

3巻で登場したやんちゃ系のお兄さん、
5巻で登場した准くんも出てきます。
ご一読ください。

2020_2_1.jpg


2020_2_2.jpg



地元・福山市のフリーマガジン『RB』に
私の記事を掲載していただきました。
図書館用語でいうと、流通にのらない
【灰色文献】というものですね。

2020_2_3.jpg

posted by 埜納タオ at 15:47| お知らせ

2019年09月15日

トークとお茶会/イベント告知

ヤングダルトサービス研究会(YA研)主催の
イベントが
行われます。

 2019-09-16 .png


トークとお茶会 〜漫画『夜明けの図書館』第6巻刊行記念

日時:9月28日(土) 13:30〜15:30/開場13:15
場所:埼玉県戸田市 上戸田地域交流センター
   あいパル 2Fキッチンスタジオ
会費:1500円 
   夜明けの図書館6巻代金 茶菓子代、他込み

対象が図書館関係者となっていますが
一般の方もご参加いただけるようです。

段取り等を協力者の吉田倫子氏にお任せしていて
私は身一つで参加します。
多分、ゆるめの会です。
とはいえ、吉田氏は、おもてなし精神に長けてる方なので、
きっと満足してもらえるイベントになると思います。
お気軽にご参加ください。

2019_09.jpg

詳細・申し込みは こくちーず をご覧ください。
posted by 埜納タオ at 19:36| お知らせ

2019年09月02日

お知らせが、ひぃ・ふぅ・みぃ・よ!

(一)
発売中のJOUR10月号に『夜明けの図書館』
第25話が掲載されています。
学校図書館の先生のお話です。

2019_09_1.jpg

作中に「図書館」「図書室」という表現が
混在していますが、誤植ではなくて
アドバイスをうけて敢えてそうしています。


(二)
9月6日発売のダ・ヴィンチ10月号に
“『夜明けの図書館』×ミステリー”
カラー2ページ描き下ろしマンガが掲載されます。
どっきり、ほっこりしてください。

2019_09_3.jpg


(三)
9月29日(日)11時〜13時
神奈川県 海老名市立中央図書館
トークイベントとサイン会をする事になりました。
人、くるのかな………
お近くの方、ぜひお越しください。

イベントにあわせての図書フェア等も
展開されているそうです。


(四)
過去作品「華物語」「百花日和」1〜3の
電子コミック配信が9月13日から始まります。
いけばなをテーマに描いたマンガです。

35歳までに単行本を出せなかったら転職しよう、と
お財布の中に、印刷会社の求人募集の
切り抜きを入れていた事を思い出しました。
35歳を迎える3ヶ月前に
最初のコミックを出すことができました。

自分の漫画を読み返すことはありませんが、
“根底に流れてるのは、いまの図書館漫画と一緒”と
漫画ズキな友人が言ってくれた言葉を信じています。

2019_09_2.jpg



posted by 埜納タオ at 19:01| お知らせ

2019年08月13日

6巻が発売されます

「夜明けの図書館」6巻が8月17日に発売されます。
カバーは、夜の図書館・児童書コーナーです。

2019-0801.jpg
公式サイト・トップページの画像を更新しました。
https://www.nonoutao.com


書店さま向けに、
これまでのお話・各話の一覧と名場面をまとめた
試し読み小冊子を双葉社さんが作ってくださいました。
POPも書き下ろしたので、店頭で探してみてください。

それと、第1巻・3巻が重版されました!
新刊点数が多く、流行りの移り変わりが激しい中、
生き延びてくれて奇跡のように思っています。

重版のお知らせを受けた時、
「大切にしていきたい作品なので」
と、担当さんが仰った。
電話を切ったあと、胸がじんとした。


2019_0802.jpg
6巻収録の21話に登場する女の子。
ぜひご一読ください。


posted by 埜納タオ at 15:47| お知らせ

2019年06月04日

お知らせ

発売中のJOUR7月号に『夜明けの図書館』
第24話が掲載されています。
近年、図書館イベントとして人気の
ぬいぐるみのお泊まり会”を描いています。

2019_06.jpg

小学3年生の時に、夜眠れないから…と
添い寝用にチャウチャウ犬のぬいぐるみを
買ってもらった事を思い出しました。
「十三郎(じゅうざぶろう)」と名付けていました。
既にその頃、王道から外れていたようです。

漫画の中ではネズミのぬいぐるみが出てきます。
館長似(?)のオオサンショウオのぬいぐるみも。
おたのしみに。

そして、『夜明けの図書館』6巻を
8月17日(土)に産み落とします。
や やっと…!
夏休みに読んでいただきたい1冊です。
発売が近くなりましたら、改めて告知します。
よろしくお願いいたします。

posted by 埜納タオ at 17:27| お知らせ

2019年03月14日

お知らせ

日本図書館協会による
2019年『図書館記念日・図書館振興の月ポスター』ができました。
葵ひなこさんが大抜擢。
全国の図書館関係機関に配布されるそうなので、
お近くの図書館で見つけてみてください。

ポスターをご覧になって「はて、この漫画何?」
と気に留めて下さった方に、単行本のイメージと
結びつくよう、1巻のカバーと
同じ色合いで仕上げてみました。
B2サイズです。

20190301.jpg

画像は色校正です。



少年写真新聞社の図書館教育ニュース3月18日号にて
『夜明けの図書館』が取り上げられました。
B2サイズの学校向けの掲示物、壁新聞だそうです。
漫画制作の流れも紙面で紹介されています。

編集者の方が、極寒の1月、
神戸まで取材に来て下さいました。
たいしたお話はできなかったのに、非常に
分かりやすい記事にまとめて下さっています。
記事は解説付録に掲載されています。

20190302.jpg



仕事用に使っていたiMacが天に召されました。
買い替えの注文をしたのですが、新しいOSに
今持ってるバージョンの
グラフィックソフトが使えるかどうか…
やや微妙そうです。

今週末には届くかなー。
ドキドキ。
アーメン!
posted by 埜納タオ at 10:36| お知らせ

2019年02月17日

“としょかん通信”

としょかん通信(小学生用、中学・高校生用)2月号
『夜明けの図書館』が取り上げられました。
学校に貼られる掲示物のようです。

漫画にはルビがふってないのだけど、
わからない漢字は話の前後で想像するなり、
調べるなりして読んでもらえたらいいな。
漢字の勉強にもなれば幸いです。

2019_01.jpg

***

にんじん色のスプリングコートを見つけました。
そろそろ明るい色の服を着て、お出かけしたいものです。

2019_03.jpg
posted by 埜納タオ at 23:15| お知らせ