2018年08月07日

掲載のお知らせとご報告

現在発売中のJOUR9月号に
「夜明けの図書館」第22話が掲載されています。

2018_0801.jpg

商標や法律といった、難易度高いテーマを
私なりに噛み砕いて、描いてみました。

昨夏、特許庁で商標審査官のお仕事をされている方に
知財図書館 - 知的財産研究所を案内して頂いた事がきっかけです。
もともとは、専門図書館のお話が描けたら…と
ぼんやり考えていたのですが、
全然違うとこに着地してしまった。

今回、出版社の法務の方、弁理士さん、
弁護士さんにもチェックして頂きました。

商標審査官のお仕事について、詳しく
こちらで知ることができます。
ぜひご覧くださいexclamation
EduTown あしたね
東京書籍が運営されているサイトです。

***


先週末、東京で行われた
第35回医学情報サービス研究大会に参加してきました。
「夜明けの図書館」3巻収録の第11話で
“医療・健康情報サービス”について描いた時の経緯等を
中心にお話させていただきました。

講演のご依頼を受けたとき、
参加者の多くの方が“医学・生命科学系の図書館員”とお聞きして
でも、どういうお仕事されているのか、さっぱりわからなくて…
それで、5〜6月に見学可能な図書館を案内してもらいました。
私が伺ったのは、大阪大学の生命科学図書館
(西日本一大きな医学系の図書館だそう。
 蔵書の圧がすごくて酔いそうに…)と、
大阪大学医学部附属病院にある患者図書コーナー、
それから、加古川中央市民病院図書室です。
予習させてもらって、よかった!

なかでも特に気になったのが
ほとんど知られていない病院図書室のお仕事。
どうにか漫画にできないかなぁ……

講演当日はバタバタでしたが、
想像を上回る楽しい時間が過ごせました。
今夏、一番の思い出になりそうです。

声をかけてくださった方、
漫画を手にしてくださった方、
実行委員の方、担当さん、そして鹿児島から
飛行機で当日会場に駆けつけて下さった
協力者の吉田倫子さんに心から感謝しています。

その吉田さんが寄稿されている
『もういちど、本屋へようこそ』著,編集 田口幹人
が、発売されたそうです。必読。


2018_0802.jpg

抄録集のイラストを書き下ろしました。


***


東京は3泊して
大会前日に武蔵小杉へ寄って……
大会後日に、日本科学未来館で開催中の
デザインあ展』へ行ってきました。

2018_0803.jpg

も、たのしすぎ〜〜〜るんるん
暑さ忘れて、脳が踊ってた。
関西に巡回してくれないかなぁ。
もう一度行きたいくらいです。
posted by 埜納タオ at 23:23| お知らせ