2017年06月02日

クンクン!

ちょっと風邪をこじらせてしまい、生まれて初めて
何もにおわない!味がわかんないよー!という体験をしました。
嗅覚と味覚だけは自信があったので、動物として危機感を抱き、
かなりしょんぼり…。
うつむいて、しっぽ丸めていました。
無臭の世界はとてつもなく侘しい。
料理をしていてもつまらない。
生活の中でいかに多くの情報を鼻で判断しているのか
気付きました。

薬を服用して、数日前から少しずつ嗅覚が戻ってきました。
ほんと嬉しくて、あちこち色んなところを嗅ぎまくっています。
あー、生きてるー!!と“生”を実感。
しっぽ、振りまくってます。



医師に睡眠をしっかり、といわれ、早めに床に就くようにしてるのですが
眠気がやってこず、少し前に届いた本を読んでいます。


2017_06.jpeg

小川理子さん…。
ラジオで初めて声を聞いたとき「きっときれいな人だろうな」と思ったら、
やっぱりそうだった。
過去30年くらいのオーディオ機器の変遷と照らし合わせて読んでも面白そうです。
posted by 埜納タオ at 17:52| 本 音楽 映画