2016年09月22日

講演会のお知らせ


11月3日(木・祝日)に、沖縄県浦添市てだこホールにて
浦添市立図書館 読書講演会”が開催されます。
その中で、『本で調べる・図書館の活用法 〜レファレンスの魅力〜』
というテーマで、講演をさせていただく事になりました。


urasoe01.jpg


講演の主旨は
“心身とともに成長する大切な時期であるYA(ヤングアダルト)世代に向けて、
本や読書への興味に結びつける内容”
となっています。


近隣にお住まいで、興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひお越し下さい。
浦添近辺の市町村は、琉球大学などの学生さんが多く、学びの意識が高い環境だそうです。
学生時代からは、ずいぶん歳月が経ってしまいましたが、こういった形で
若い方(しかもウチナンチュ〜)と交流できるのは、嬉しい限りです。


浦添市立図書館では、特設コーナーを設けてくださっていますexclamation
ポップで明るい館内の画像が届きました。
星がいっぱい飛んでいます☆
「夜明け」をイメージして作ってくださったそうです。
似顔絵の色は、切り絵で貼り付けされたとかー。
私が120%可愛くなっておりますぞいい気分(温泉)


urasoe.jpg


おススメ本は、繰り返し手にするお気に入りを選びました。
ここに写ってるのは、町田康、津村記久子、金城一紀、北山修さんの本など…。





以下、 “YA”(若者)つながりで


YA.jpg


私が住んでいる地域の兵庫県「小野市立図書館」には、市内の中高生からなる
図書館文芸部”なるものがあり、YAコーナーをすべて彼らが担っています。
(小野市では「YY(ワイワイ)コーナー」と言います。)
活動日は月1で、私も参加しています。
学生ならではの柔軟でユニークな企画で、貸出冊数も伸びているそう!
講演会の中でも紹介できればと思います。


それと
先々週、遊びに来てくれたCちゃん(from米国・メリーランド)。
日本のアニメとマンガが大好きで、来年から東京へ留学するそうです。
流暢な日本語で、仕草も大和撫子のよう。
筋金入りのコスプレイヤーで、生地からすべてを仕立てていて、凄いです。
このあと、幕張メッセでのイベントへ行かれました。


若者から、ほど良い刺激をもらっています。







今年2月に国立国会図書館関西館で行われた
第12回レファレンス協同データベース事業フォーラム
 レファ協の10年:これまでとこれから

のフォーラム記録集が公開されました。
私が、1時間喋った内容が文字おこし(?)されています。
たいへんな作業だったのでは、と想像します。

フォーラムの最後に、夜明けの図書館の「暁月市立図書館」を
レファ協の「名誉図書館」に…というくだりがあるのですが、
記録集を読んだ担当さんが、笑って喜ばれていました。


リンク貼っておきます。
第12回レファレンス協同データベース事業 フォーラム記録集』(PDF 3.2MB)
配布資料』(PDF 3.3MB)

posted by 埜納タオ at 00:14| 図書館