2014年11月26日

父の女子力

 
最近、裁縫に目覚めた父。
姉にミシンを借りて、古着や未使用のタオルで
マフラー(首に巻くちょっとしたもの)をつくって
友達(無論おじいさん)にあげたりしているという。

来月、義母が古希を迎えるので
「お父さん、お義母さんにもつくってあげたら?」といったら
すんごいのが届きました。


当初私は「フリース素材の柄物がいいんじゃない?」と
言ったのですが、父が行った手芸店には
そのような生地がなかったらしく

「地味な色しかなかったけぇ…
 サルを2匹いれといた。」
「???」

「お義母さんの干支は申(サル)よのう?」
「ああ、そのサル… え、でも いれるって?」
「刺繍で」
「………(刺繍!!)」
「ほんで、お義母さんだけにって訳にはいかんじゃろ?
 じゃけぇ、お義父さんのもつくりょうる。
 お義父さんは午(うま)じゃったかのう?」
「……あ、うん」
「じゃ、馬2匹いれとく」


電話で話したその日から、いったいどのようなモノが届くのか、
「サル2匹」と「馬2匹」(正確には2頭か)が気になって気になって。
 

それが本日届きました。
 

う〜〜〜ん、独創的。目
サルと馬の図案もオリジナルだそう。
ミシンの糸が絡んで、なかなかうまくいかなくて
すべてチクチク手縫いしたらしい。
しかも2本ずつあるよ!


義母の誕生日は来月なので、その時に渡すといったら
「そんな大層な渡し方せんでええ!
 さりげなく渡してくれぇ」とのこと。

さりげなく……。
結構難しいな。


少し前に「最近のおじいちゃん、女子力高すぎ…!」という
まとめサイトをみてニヤニヤ笑ってたのですが
うちの父も結構なものです、


ちなみに
「今、イノシシつくっとるけぇ〜」と。
イノシシ………はい、私です。
 
01.jpg
 
02.jpg

03.jpg

04.jpg
posted by 埜納タオ at 15:41| お父ちゃん