2020年11月02日

最終話なのです

発売中のJOUR12月号に
『夜明けの図書館』第28話が掲載されています。
クライマックスです。

シリーズ連載の始まりが、2010年12月号だったので
ちょうど、まるっと10年(!)経ったわけです。
私まだ30代だった…。
東日本大震災が起きる前だし、母も生きてたから、
もうずいぶん前のことのような、そうでもないような。
この10年は、自分でもよくわからない時間です。

とにかく、担当さんの手厚いサポートと、
伴走してくださった協力者吉田さんのおかげで、
なんとか完走することができました。

年明けになりますが、図書館関連のイベント企画があり、
確定したら、告知させてください。
最後の締めくくりに、良い場になるといいなexclamation
そう、4巻の頃から、イベントに声をかけてもらうようになって
普段行けないような場所、いろんな人にも出逢えて、
大切な人生の財産となりました。

2020_12_3.JPG

盟友の小山田容子画伯が、描いてくれましたぴかぴか(新しい)
加賀谷次長からまさかのサプライズ。
ひなこ…惚れちゃうよ〜

2020_11_1.jpg

単行本の準備をしてたら、線画のひなこが出てきました。
立ち上げる時、俳優のミムラ(美村里江)さんみたいな
女性がいいな〜と勝手にイメージしてた事を思い出しました。

最終巻・第7巻は来年2月17日に発売予定です。


posted by 埜納タオ at 18:21| お知らせ