2018年06月17日

憧れはありますか?

いきなり『ふぞろいの林檎たち』の
サブタイみたいですね。

トークイベント『Music Street 大阪特別編』
〜写真家 野上眞宏が語る「はっぴいな日々」
へ行ってきました。
はっぴいえんど周辺のミュージシャンを
撮影された写真(’68〜’72)にあわせ、
当時のエピソードを交えての2時間半。

50年前の写真、本当にかっこいいのです。
フォーカスの当て方と切り抜き次第で
空気まで写し出せるって、改めて
“写真”ってすごいなと思いました。
ちなみにフラッシュは一切使わず、
室内もすべて自然光で撮影されたそうです。

後半は松本隆さんがサプライズで登場され、
“会場出たら忘れてね”と
拡散NGな笑い話を沢山されました。
“年はとったけど中身はあの頃と変わっていない”と
仰ってました。

家へ帰る途中、はっぴいえんどライブ盤を聴きながら、
小学生の時に松本隆さんや大瀧詠一さんの曲を
ピアノやエレクートンを弾きながら
よく歌っていた事を思い出しました。
(この人たちがとんでもない人だと
 気付いたのは高校生になってからですが…)
その頃、大好きだった曲のひとつに

 “もしも心に怪我をしたなら 
 淋しさって繃帯で縛ってあげる”

という歌詞があります。
どういう意味?おっかねぇ〜、と思いつつ
声に出して歌うと、
自分が素敵な女性になったようで
その気になって歌っていましたるんるん
(ただこの曲は途中で“冬のリヴィエラ”になりそうになります。)

憧れやときめきが詰まった曲をたくさん浴びて育ちました。
少女漫画を読み耽るのと同じくらい、
私にとって大切な時間でした。

2018_06.jpg
posted by 埜納タオ at 23:06| 日記