2017年09月18日

中年の希望


田辺聖子さんの『春情蛸の足』/講談社文庫
を読みました。
小説を読みながら、笑う事は殆どないのだけど
さすが、おせいさん。
幾度となく声が漏れてしまった。
収録8編すべてのタイトルに「情」が入っていて
登場するのは中年ばかり。格好悪くて愛しい。

読了後は、あつあつの汁気があるものを食べ
たくなって、
日々の些細な出来事がどうでもよくなって…
つまり、お腹が減って気が大きくなったのです。
いい小説だ〜。

ハタチの時、友人の彼氏(当時おじさん)に
三宮・東門街にある小料理屋へ連れて行って
もらった事を思い出しました。
白木のカウンターに、着物姿のおかみさん。
出て来たおでんのつゆが黄金色で、
おでんじゃない!と思った。
いわゆる関西風の白だしで、大根が格別旨い。
友人もその彼も酒飲みだったので、冷酒を
“ グラス in 升 ”で飲む『もっきり』という
スタイルを初めて知り、
その夜は、ずいぶん大人になった気がしたものです。

あの時の友人の彼氏やおかみさんの年齢を越えて
小説の中年と同世代のはずなんだけど、
どうにも自分は軟弱(脆弱)だなぁ〜と情けなくなる。
時代や環境も違うから当然なんだけど、
それでも、もう少し、ふくよかにー
“小粋な中年”を目指したいものです。



私には珍しい恋愛漫画『橙色の体温』
5年前くらいかな?
コンビニのおでんに一手間加えて食べるシーンを
描いていました。

111.jpg

222.jpg
posted by 埜納タオ at 23:11| 本 音楽 映画

2017年09月03日

漫画掲載のお知らせ


夜明けの図書館第20話
“みんなのダイバーシティ”後編が
JOUR10月号に掲載中です。

担当さんがネーム時に「いいですね」って
言ってくれたコマ。
私も気に入ってたコマだったのでニンマリ。

yoake_20.jpg
幼児の体って、プニュっとして体温高くて
抱きしめると気持ちいいですよね。

子育て経験ナシの私が言うのもナンですが、
子どもを抱っこしてあげられる期間なんて、
過ぎてしまえばあっという間なのかな〜、
なんて思ったりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

先週、東京へ行ってきました。
とある方に、某専門図書館を案内して頂い
たり、編集さんとゆっくり会えたり…
貴重な時間でした。
時間を割いて会って下さった方に感謝。

2017_summer01.jpg
本駒込にある東洋文庫ミュージアム。

面白すぎて時間が足りませんでした。
教科書で習ったあれやこれや、国宝や重要
文化財がたくさんあっておなかいっぱい。
個人的には“御成敗式目”に過剰に反応して
しまいました。なつかしい〜。

2017_summer02.jpg

そのあと友人宅にて、まったり…の予定が
彼女の所蔵コレクションを見せてもらって
大興奮。
刺繍家・森麗子先生の作品集。
本当に素晴らしくて、うっとり溜め息。
添えてある言葉も詩のように美しく力強い。
彼女のおうちに先生の作品2つ飾ってあっ
たので、じっくり鑑賞〜。眼福。



都内でも歴史の古い深川図書館へも
行ってみました。
モダンな建物でアーチ窓や螺旋階段も素敵です。
郷土資料室は、入る前に荷物をロッカーに
預けるシステム。
戦時下、疎開中の子どもたちの文集や、
木場の商人・職人の歴史なども非常に興味
深かったです。
清澄白河エリアの街歩きも乙でした。


***


滞在中に残念だったことが一つ。
ピンキーリングを紛失してしまったのです。
気付いたら無くて、どこで失ったのかも見当つかず。

だけど、こういう時は、
“役目を終えたから消えた”という考え方が
ベターなんだそうです。
なるほど!
固執せず、そのように心を整理中です。

posted by 埜納タオ at 23:12| お知らせ