2017年07月31日

“ あかん!”


そんなん、いっこも、おもんない!
関西圏に住んで15年……
自分にダメ出しをするとき、自戒をこめて
そういった言葉が出るようになりました。

仕事関係で話す相手とは、標準語めいた言葉。
地域の子どもや年配者と話すときは、関西風。
広島に戻ると、菅原文太。
家では、ごちゃまぜ。
相手や状況によって使い分けてしまいます。

関西の言葉はイントネーション等が独特で
ハードルが高く、関西人を演じてるような
自分にも違和感があり、
あまり堂々と話せなかった。
敬語の「〜しはる」は、未だ使いこなせず。

だけど最近、暑さのせいか、
何度考え直しても仕事が行き詰まって
しまうせいか、
ひとりでいる時、自分相手に
あかん!”という言葉が
降りてくるようになりました。

あかん!あかんよ!
 それ、全然おもんないで!!

って上沼恵美子さんの口調で……
最強の全否定。

あーーー。
全力で“ あかん!”に立ち向かわなきゃー。

ちなみに、他人様に“ あかん!"は
発したことありません。

posted by 埜納タオ at 13:09| 日記

2017年07月12日

異文化コミュニケーション

インドネシア人のファミリーとご一緒する
珍しい機会がありました。
クリスチャンなので、お肉もアルコールも
大丈夫ということでsukiyakiで乾杯。

ジャワ島東部のスラバヤにお住まいで、
名物の“Bandeng Juwana"をお土産に
頂きました。
正直、魚の顔と色が怖い…
お味の方は、ノンオイルのツナ缶?といった
ところでしょうか。

インドネシア語に、私の名前(本名)に
よく似た発音の食べ物があるそうで、
「だから覚え易いるんるん」と言われました。
お粥とスープのような食べ物で、
あっさりした味付けらしいです。

みなさん英語がお上手で、
私は半分も理解できず、ヘラヘラするしか
なかったです。
コミュニケーション不足のところは
イラストで補ってみましたが……
私の絵は、熱帯国に情熱的に暮らすゲストに
とって、些か薄味すぎたかもしれません。

2017_07.jpg

デザートにマンゴープリンを作りました。
夏ぽい、元気のでる色です。
笑顔で召し上がっていただきました。

2017_07s.jpg
posted by 埜納タオ at 15:45| 日記