2016年05月31日

図書館探訪〜福岡県立図書館〜

気付けば、5月も最終日…です。

今月は、福岡県立図書館を訪れ、郷土資料などを見せていただきました。
福岡藩・黒田家関連のものから、地方紙や古地図までー。
いろいろと解説いただいてちょっとしたブラタモリ気分。
(歴史や地理にはめっぽう疎いのですが…。)
大河ドラマや朝ドラ(炭坑)で九州がフィーチャーされると、
それらについてのレファレンスがぐっと増えるんだそうです。
なるほどー。
思わず吹き出しちゃうようなレファレンスもあったりで、テレビの影響って
相変わらず大きいのだなぁと感心しました。
そして人々の探究心もすごか〜。
丁寧に対応していただき、ありがとうございました。
時間があれば、伊万里市民図書館へも足を伸ばしたかったのですが、今回は断念。


2016_05.jpg

日中は雲ひとつない青空で、鳶か鷹(?)がやたら飛んでいました。
違う土地へ行くと、テレビで天気予報を見るのが好きです。夕方のローカル番組なども。
あー、余所へ来た!!と気持ちが小躍りするのです。
らくがきは中州で見かけた女の子。
………そんなあの子は“透明少女”。


posted by 埜納タオ at 23:59| 図書館

2016年05月17日

「気を強く持って!!」4巻リリースです


00.jpg

や、やっと「夜明けの図書館」4巻が本日リリースです。
先週末から留守にしていて、家に戻ると献本が届いていました。
毎回、刷り上がったものを直視するのが怖くて、しばらく放置してるんです…
という話を担当さんにしたら
「気を強く持って!!それじゃ渡っていけませんよ〜(大笑)」て言われてしまった。
ほんと、もう少し自信持てたら生きやすいのに。

ともあれ、信頼している担当さん、ジュール編集部、いつも協力してくださる司書さん、
取材に快く応じてくださった方々、応援してくださる読者さんのおかげで単行本ができました。
心から感謝しておりますexclamation

そして、このたびのリリースにあわせて、1〜3全巻重版していただきました。
巻数ついてないけど、1巻はじわじわと版を重ねて12刷…ミラクルですもうやだ〜(悲しい顔)
営業担当の方が、今回もあれこれ企画してくださり、書店さんからの感触も良いとの事で
本当にありがたいです。
そう、4巻なのに、初版の部数も多くて!私もしっかり宣伝せねば…!
とはいえ、つぶやいたりしてなくて、誰とも繋がってなくて、宣伝の場がココくらいしかないのですが、
どうぞ「夜明けの図書館」をよろしくお願いします。


201605b.jpg

01.jpg
ポストカードなど販促物を作っていただきました。
「こみらの!」さんでは特典ペーパーかきおろしています。

02.jpg
ポスターまで!
デスク周りに貼ってみました。漫画家の部屋ぽいでしょうか。

03.jpg
ひなこを見上げて、勤しみます。


4巻に収録されている13〜16話についての諸々エピソードは改めて紹介したいと思います。
先日、福岡県立図書館へ行ったので、そちらの探訪記も併せて後日アップできればと。
(博多の街、濃かった。土地が放つエネルギーに元気もらいましたビールぴかぴか(新しい)


描いて、消して、描いて、悩んで、おやつ食べて、描いて描いて…
その繰り返しで1冊やっとこさ生まれました。
どこか1シーンでも、読者さんの心に触れる事が出来ますようにー。





2年前に訪れた熊本の長崎書店さん、橙書店さん、南阿蘇ティーハウスさんが
営業開始されているようですぴかぴか(新しい)良かったです。
posted by 埜納タオ at 00:58| お知らせ