2017年08月06日

講演会のご案内


神戸・図書館ネットワーク主催の講演会で
『図書館との出会い』というテーマで
お話させてもらう事になりました。

神戸・図書館ネットワークとは、
行政と市民のネットワークを拡げ、
手を携えて図書館をよりよくしていくことを
目的とされた神戸市立図書館利用者の会、
だそうです。
みなさん、志が高そうです。
こちらがお話を聞かせて頂きたい立場で
恐縮ですが、是非ご参加ください。

日  時:9月30日(土)14:00〜16:00
場  所:兵庫県立生活創造センター セミナー室
     (神戸クリスタルタワー5F)
定  員:50名 無料
参加申込:神戸・図書館ネットワーク

posted by 埜納タオ at 17:02| お知らせ

2017年08月03日

漫画掲載のお知らせ


「夜明けの図書館」第19話
“みんなのダイバーシティ 前編”が
JOUR9月号に掲載中です。

前・後編になってて初めての長編です。

ハイチにルーツのある少年が登場しますが、
描き方がステレオタイプだなぁ〜とか
作り込みすぎてるなぁ〜とか
我ながら思うことは多々あります…。

私が住んでる地域にも色んな外国の人がいて、
毎週行われてる日本語教室へ行ってみました。
比較的、東南アジアの方が多いです。
(隣町は中東の人が多い〜)

仕事や学業など目的をもって一時的に
住んでる方は、目がキラキラして意欲的。
SNSで常に母国の家族や友人と繋がってて
日本での生活も充実してるように見えました。
一方で、いろんな事情で辿り着いた人もいて…。

後者のケースを参考に、お話を膨らませていきました。
後編は来月掲載予定で、そのあと5巻が出る予定です。


201708.jpg
描いてて楽しかったシーン。



今回から(これまでも大変お世話になっていたのですが)
協力/吉田倫子さんのクレジットが表記されるようになりました。
公共図書館の現場に長くいらしたベテラン司書さんです。

そう。
ハイチの国について調べようと
蔵書検索で「ハイチ」と入力すると
検索結果がわんさかーーーー。

(例)
・おつきさま*はいち*ねんせい
・99%の人は歌がうまくなる!カラオケで高得点を出す音痴*は1*日で治る
・*はいチ*ーズ(図書)  …and more 

*はいち*がいっぱい隠れてました。
ノイズの嵐!

 司書がハイチ(という国)に関する本に
 検索対象を絞りたい場合は、
 件名(キーワード、テーマ、など言い換え
 られていることが多い)にハイチと入れます
 それでもまだ、配置・培地・後背地などの
 用語もヒットする可能性があって
……云々

その流れで『統制語』という言葉を教えて頂きました。
とうせいご…。
初めて知った言葉。
正しく理解できておりませんが……。

システムや書誌データを構築するのって
言葉のジャングルを交通整備するみたいな
ものなのでしょうか。
迷子が出ないよう、道標づくり。
奥が深そうです。


posted by 埜納タオ at 16:14| お知らせ

2017年07月31日

“ あかん!”


そんなん、いっこも、おもんない!
関西圏に住んで15年……
自分にダメ出しをするとき、自戒をこめて
そういった言葉が出るようになりました。

仕事関係で話す相手とは、標準語めいた言葉。
地域の子どもや年配者と話すときは、関西風。
広島に戻ると、菅原文太。
家では、ごちゃまぜ。
相手や状況によって使い分けてしまいます。

関西の言葉はイントネーション等が独特で
ハードルが高く、関西人を演じてるような
自分にも違和感があり、
あまり堂々と話せなかった。
敬語の「〜しはる」は、未だ使いこなせず。

だけど最近、暑さのせいか、
何度考え直しても仕事が行き詰まって
しまうせいか、
ひとりでいる時、自分相手に
あかん!”という言葉が
降りてくるようになりました。

あかん!あかんよ!
 それ、全然おもんないで!!

って上沼恵美子さんの口調で……
最強の全否定。

あーーー。
全力で“ あかん!”に立ち向かわなきゃー。

ちなみに、他人様に“ あかん!"は
発したことありません。

posted by 埜納タオ at 13:09| 日記

2017年07月12日

異文化コミュニケーション

インドネシア人のファミリーとご一緒する
珍しい機会がありました。
クリスチャンなので、お肉もアルコールも
大丈夫ということでsukiyakiで乾杯。

ジャワ島東部のスラバヤにお住まいで、
名物の“Bandeng Juwana"をお土産に
頂きました。
正直、魚の顔と色が怖い…
お味の方は、ノンオイルのツナ缶?といった
ところでしょうか。

インドネシア語に、私の名前(本名)に
よく似た発音の食べ物があるそうで、
「だから覚え易いるんるん」と言われました。
お粥とスープのような食べ物で、
あっさりした味付けらしいです。

みなさん英語がお上手で、
私は半分も理解できず、ヘラヘラするしか
なかったです。
コミュニケーション不足のところは
イラストで補ってみましたが……
私の絵は、熱帯国に情熱的に暮らすゲストに
とって、些か薄味すぎたかもしれません。

2017_07.jpg

デザートにマンゴープリンを作りました。
夏ぽい、元気のでる色です。
笑顔で召し上がっていただきました。

2017_07s.jpg
posted by 埜納タオ at 15:45| 日記

2017年06月22日

原稿終了

長い間抱えていた原稿が上がりました。
ほーーー。
とりあえず、嬉しい。

今回、7、8年ぶりに初代アシスタントさんに
お手伝いに来てもらいました。
『シャチョー(そう呼ばれている)全然変わってない!』
と大笑いされました。さすがにそれは…
彼女は3児の子育て奮闘中のママになってて、
一緒に精の付くものを食べたりしました。

雑誌掲載はもう少しあとで、
そのあと新刊のお知らせができそうです。



フォトショップで即席gifアニメを
作ってみました。
りんごのベレー帽を被った私が創作に
励んでるところです。
…よくわからないですね。下手ですみません。
(1クリックで3回ループして止まります)

ringogumi.gif



梅雨空ですが、Jack Johnsonを聴いてクールダウンしています。
身を委ねるのに良い音です。
日没時、ビール片手にビーチで聴けたら最高でしょう。
心だけ、西海岸へ飛んでいます。

posted by 埜納タオ at 16:43| 日記

2017年06月02日

クンクン!

ちょっと風邪をこじらせてしまい、生まれて初めて
何もにおわない!味がわかんないよー!という体験をしました。
嗅覚と味覚だけは自信があったので、動物として危機感を抱き、
かなりしょんぼり…。
うつむいて、しっぽ丸めていました。
無臭の世界はとてつもなく侘しい。
料理をしていてもつまらない。
生活の中でいかに多くの情報を鼻で判断しているのか
気付きました。

薬を服用して、数日前から少しずつ嗅覚が戻ってきました。
ほんと嬉しくて、あちこち色んなところを嗅ぎまくっています。
あー、生きてるー!!と“生”を実感。
しっぽ、振りまくってます。



医師に睡眠をしっかり、といわれ、早めに床に就くようにしてるのですが
眠気がやってこず、少し前に届いた本を読んでいます。


2017_06.jpeg

小川理子さん…。
ラジオで初めて声を聞いたとき「きっときれいな人だろうな」と思ったら、
やっぱりそうだった。
過去30年くらいのオーディオ機器の変遷と照らし合わせて読んでも面白そうです。
posted by 埜納タオ at 17:52| 本 音楽 映画

2017年05月14日

early summer, sunny sunday♪

という歌詞で始まる好きな曲があって、
今朝はそんな歌を口ずさみたくなる事がありました。

昨年11月に沖縄の友人宅から貰って帰った植物に
蕾がついていたのでした。
まさか花がつくなんてexclamation
気候も違うし、冬を越すのも無理では?と言われてたのに
なんとかここまで生き延びてくれて感激。
もう少し根が出たら、ふかふかの土に植え替えてみよう。

01.jpeg


こちらのびよ〜んと伸びた多肉も同じく沖縄からー。
貰った時はポケットに入る位だったのに
もりもり増えて大きくなりました。
この子は強そうだ。

02.jpeg


そういえば、人からお裾分けで貰った植物がいくつかあって、
それらを見るたび、「これは○○ちゃん」「あっちは△△のおばさん」「そっちは…」と
譲ってくれた人を思ってしまいます。
植物に対して、そんな思いの馳せ方もあるのだな、と改めて気付きました。
姉から貰ったグリーンは全部殺めてしまったけれど…。


03.jpeg

庭のさくらんぼの木。
今年は実が色付くのが遅い。
鵯が3羽やって来て、食べまくっています。
(3羽ってどういうご関係?)
素朴な味で、案外美味しいんですよ。

それにしても……
成長著しいものが眩しくて仕方ないです。
posted by 埜納タオ at 09:54| 庭仕事

2017年05月01日

イメージを形に

兵庫県加東市にある植物工場・木心ファーム『アグリらぼ』の
ブランディングをお手伝いさせて頂いています。
昨年ご相談を受け、ヒアリングと修正を重ね、
このたびパッケージと保冷車が出来上がりました。

agri_01.jpeg

agri_02.jpg

主力商品であるフリルレタスは肉厚で食べ応えがあり、
チャーハンなど炒め物にしてもシャキっと美味しいです。
販路も徐々に拡大されていくそうなので、今後の展開も楽しみです。

agri_03.jpeg

agri_04.jpg

クライアントさんの想いや狙いをきいて、形にしていく作業は、
私の中では基本、漫画を創る作業と似ています。
とはいえ、ストーリー漫画はひとりで映画を撮っているようなものなので、
やはりかなり特殊ですかね…。
孤独の量が決定的な違いでしょうか。



name_card.jpg


今年度より新しくなった小野市観光課の名刺デザインをさせて頂きました。
数パターンあり、こちらはスタンプぽく滲みのある仕上がりになっています。
小野市は“そろばんのまち”なので、◎はそろばんの球を上から見たイメージです。
“播州刃物”なども有名です。
他部署の方も「これ使いたい」と仰ってるそうで、嬉しい。
女性の方に「かわいい」と言ってもらえるとすごく安心するのはなぜだろう。


***


これから、引きこもり生活が長く続くので、
日々が少しでも新鮮になるよう、ソファの位置を変えてみました。
動線が変わって目新しい。
景色も違って見えます。
同じ場所で同じ事を繰り返していると、どうしても空気が澱むので、
そこは工夫しつつ、新しい空気を取り入れていきたいものです。

posted by 埜納タオ at 16:27| お知らせ

2017年04月24日

ことば蔵へ行ってきました

伊丹市立図書館ことば蔵でのイベント
”読書犬への「本のよみきかせ」会”へ参加してきました。

読書介助犬とは…
R.E.A.D(Reading Education Assistant Dog)のプログラムといわれる
アニマルセラピーの一つで、
犬は読み手が言い間違ったりしてもからかったりしないことから、
本や人前での音読が苦手な子どもが犬に本の読み聞かせを行うことで、
自信をつけてもらおう、という目的でアメリカで始まった活動だそうです。

日本レスキュー協会より2頭のセラピードッグが図書館へやってきました。
(※読書介助犬として育成されたワンちゃんではないそうです)

言語聴覚士の先生も来られていて、
参加者(保護者)向けに吃音などことばに関する相談も受付されていました。

niconicori.jpeg

nicori.jpg

正直、ワンちゃんは、話を聞いてるような聞いてないような。
プレッシャーを与えないので、子どもたちはリラックスして楽しそうでした。


itami.jpeg
全然聞いてない….。
聞いてほしいから、一生懸命読もう!と読み手は燃えるそうです。


kotobakura.jpeg

今回のイベントは市民の方からの案で、ことば蔵では様々なイベントが目白押し。
さすが、Library of the Year 2016に選ばれた図書館です。
市民が積極的に参加して、楽しみながら図書館を盛り上げている、という印象でした。
奥にとっても広い建物です。設備も充実していて、利用者で賑わっていました。

伊丹…文化的な街です!



(イベントとは関係ないですが)
このところ、改めてことばや読書の大切さについて、あれこれ思う事が多いです。
先週、新聞で歌人の穂村弘さんが書かれていたコラムが興味深かったです。
私は読書嫌いで、意識して読むようになったのは、漫画家としてデビューしてから…。
いまも決して読書量は多くなく、普段は新聞と就寝前に何か読むくらいですが、
それでも、自分を形成するのに必要な養分だと思っています。

ことばを大切にしている人のラジオなども、聴いていると面白いです。
ことばによって世界像は書き換えられる。きっとそうです。

posted by 埜納タオ at 16:37| 図書館

2017年03月31日

父、湯治場にて

週に1度くらいのペースで実家の父に電話しています。
他愛もない話をすませ「じゃ、またね」と電話を切ろうとしたら
「そうそう、お父さんええ事あってなぁ〜♡」と
こんな話を聞かせてくれました。

以前から気になっていた、山の中にひっそりある温泉地へ行ってみた 
脱衣場での勝手がわからず、迷っていた所を
先客の男性が親切にナビゲートしてくれた 
その方は、背中に立派な刺青のある50代とおぼしき男性で…

これが、ええ体したええ男で、ほんま優しゅうて、
 仏さんみたいな顔しとってんじゃ〜♡♡♡
」と。

…珍しい。
父は、まず他人を褒めない。
余程の事なのです。

「お父さん意気投合して、色んなハナシしてのぅ〜」と、声も弾んでいます。

トラックの運転手で全国を走ってる方らしく、各地の様々な話を聞かせてもらい、
お互いの身の上話などを語り合い、長湯してしまったとか。
お相手の込み入った事情まで私に聞かせてくれたので、
父が不躾な質問をしたにちがいないふらふら

「“またここで会おうな”って言って、別れたんじゃ〜」と、
身も心も満たされてるようでした。よかったね。

家族や友人では距離が近すぎて、通りすがりの赤の他人だからこそ
話せるハナシ、というのがあるのかもしれません。

それにしても、やたらとその男性の体を称えていて…
それもそっか。
80前の父からすれば、50代男性の鍛えられた肉体は若く魅力的だったのでしょう。
もう手にいれる事はできないからー。


しっかし「一体どこの温泉地よ?」と検索してみたのですが
情報が…。
少しだけあった…え、入浴料大人300円、宿泊料2000円!?
隠れた湯治場のようですいい気分(温泉)

posted by 埜納タオ at 17:20| お父ちゃん